無料の会員登録をすると
お気に入りができます

反対意見、どう伝える?相手を傷つけない上手な言い回しテクニック

話し合いの中で、「私は違うな」と反対意見を言わなければならない場面もあるでしょう。しかし、言い方を間違えてしまうと、気まずくなったり相手を傷つけたりしてしまうかも。そこで、反対意見を上手に伝える方法を知っておきましょう。

ライフスタイル

「それ違うかも…」をどう言えば角が立たない?

反対意見は言い方が大切

親しい人との会話や会社での会議など、日常には話し合う場面がたくさんありますよね。同意できることもあれば、ときには納得できず反対意見を言わなければならないシーンもあるでしょう。

Hinterhaus Productions / Getty Images

流すこともできますが、大事な局面では自分の意見にフタをすることはできません。しかし、反対意見は言い方に気をつけないと揉めたり、気まずくなったり、相手を傷つけたりしてしまいます。

Vasyl Dolmatov / Getty Images

言って終わりではなく、次につながる話し合いをするのがベスト。そこで、上手に反対意見を伝える方法をご紹介します。

まずはしっかりと相手の話を聞く

誠意をみせた相手を拒否することはない

まず相手と意見が違うとしても、相手の言い分をしっかりと聞きましょう。自分の意見と違うなと思うと、聞き流してしまうこともあります。

Thomas Barwick / Getty Images

しかし、興味がなさそうに聞いていると、こちらの誠意のなさが相手に伝わってしまいます。そんな誠意のない人が反対をしてきたら、受け入れるのは難しいですよね。その時点で相手は心を開きません。

Hero Images / Getty Images

相手の意見を理解するという意味でも、きちんと話を聞きましょう。きちんと誠意をみせてくれた相手を、最初から拒否することはないはずです。

頭から否定しない

「ノー」は禁句

自分の意見を述べるときに、最初から否定はしないこと。「それは違うよね」「〇〇さんがおっしゃったことは間違いです」「反対です」など、きっぱり否定してしまうと、攻撃のように受け取られてしまうかも。

RUNSTUDIO / Getty Images

自分の意見を全否定されてうれしい人間はいません。反対意見だとしても、相手を否定する必要は全くありません。

記事に関するお問い合わせ