無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ハート型の生地がキュート!甘酸っぱくてさわやかなパイが話題の週末限定カフェ。仙台「Pie at...」

仙台の中心部にある「Pie at...」は、アメリカンパイ専門のカフェ。パイの本場・アメリカで定番の、甘酸っぱいいちごと酸味のある野菜・ルバーブを使ったパイを味わえます。ハート型の生地でデコレーションした見た目もキュート。ほかにも、焼き菓子やキッシュといったホームメイドな温かみのあるメニューがそろうカフェで、週末をゆっくり過ごしてみませんか。

熊谷みのり 撮影:板元義和

グルメ

仙台の中心部にある「Pie at...」は、アメリカンパイ専門のカフェ。パイの本場・アメリカで定番の、甘酸っぱいいちごと酸味のある野菜・ルバーブを使ったパイを味わえます。ハート型の生地でデコレーションした見た目もキュート。ほかにも、焼き菓子やキッシュといったホームメイドな温かみのあるメニューがそろうカフェで、週末をゆっくり過ごしてみませんか。

昼の繁華街・国分町で静かにオープンするカフェ

ビル1階の片隅にある小さなカフェ&バー

地下鉄南北線の広瀬通駅から歩いて5分ほど。国分町通り沿いに建つビルの1階に「Pie at...(パイアット)」はあります。夜はバーを営む店舗で、カフェは週末の昼間だけ開店。昼の国分町は夜のにぎわいが信じられないほど静かで、「バーの雰囲気を楽しみたいけれどお酒を飲まないし、夜は訪れにくい」という人にも足を運んでほしいと、店主の星さんは話します。

日常で味わうパイを

奥行きのある店内はカウンター席のみ

パイといえば、アメリカではホームパーティから家族の集まり、日々の食卓など、さまざまなシチュエーションで登場する家庭の味なのだそう。
甘いものからしょっぱいものまで、種類は多岐にわたります。「素朴で気取らないアメリカンパイを気軽に食べてほしい」という思いで、星さんはパイを作っているそうです。

日によって焼き菓子のテイクアウトができることも

カフェのはじまりは、星さんのお兄さんが営むバーを手伝ったことから。アメリカに住んでいたことのある星さんは、仙台に本場仕込みのアメリカンパイを味わえるバーがないことに気が付き、お兄さんの店で出してみることにしました。そこで、お酒に合わせたメニューとしてチェリーパイやアップルパイを提供したところ評判に。

そのあと、東北各所で開催されるマルシェへの出店や、夜には来られないというお客さんの要望をきっかけに、カフェを開くことにしたのだそう。

定番のアメリカンパイを召し上がれ

「ストロベリールバーブパイ」(1ピース400円~)

数あるパイのなかでも目をひくのは、ハート型の生地で飾り付けた「ストロベリールバーブパイ」。初夏から秋口までの期間限定で登場します。日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカでは定番のパイ。ほおばると、生地の香ばしさと、いちごとルバーブのジャムの甘酸っぱさが、口いっぱいに広がります。

ルバーブは、強い酸味があり、砂糖と煮詰めてジャムにされることが多い野菜。日本では栽培している農家がまだ少なく、期間中でもメニューに並ばない日があります。食べてみたい人はお店に行く前に問い合わせるのがベストです。

日替わりのパイやキッシュを楽しもう

「クラシックチョコレートクリームパイ」(1ピース400円~)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ