無料の会員登録をすると
お気に入りができます

楽チンなのに美味しすぎ♡激ウマ時短な「ポリ袋」レシピ14選

いよいよ8月。キッチンに立つとやっぱり暑いですよね。そこでオススメなのが食品用ポリ袋を使ったレシピ。調理も後片付けも楽チンなうえ、できあがるメニューは本格派なんです♡

2019年7月
レシピ

「ポリ袋」って、こんなに優秀!

食品用ポリ袋を活用していますか?食品の保存だけだとしたらもったいない!実は、調理にも大活躍する優秀アイテムなんです。材料を“漬け込む”“混ぜる”がポリ袋1枚でできてしまうんです。

@kiiiakiii on Instagram: “⋆
⋆
梅干し仕込んだ♩
今年は収穫するところから始まって、ジップロックで1キロづつ完熟したのからゆっくり漬けていったら最終的に10キロ👀!#多すぎる#人生で初めて漬け樽買った#寝不足すぎる
⋆
干すのが楽しみだな🌞
⋆

#梅干し作り#梅干し#梅仕事#おいしくなーれ”
instagram.com

しかも、使ったポリ袋は捨ててしまえば良いので、洗い物も減って後片付けも楽チン。水道代の節約にもつながりますね。もちろん、味も見た目も申し分なし!良いことずくめの「ポリ袋レシピ」を早速ご紹介していきましょう!

大満足簡単メインディッシュ

①鶏の味噌しょうが焼き

oceans-nadia.com

おかわり必至の鶏の味噌しょうが焼き。しょうがは鶏肉に良く合います。食品用ポリ袋を使って揉み込むことでしっかり味がなじみます。お味噌の効果で、鶏肉はふっくらジューシーに。香ばしい皮も食欲をそそりますね。

鶏の味噌しょうが焼きを作ってみる

②鶏むね肉の塩レモン焼き

oceans-nadia.com

鶏むね肉をあらかじめポリ袋の中に漬け込んでおくだけ作れるので、忙しい時にオススメの一品です。食べたい!と思ったときに焼けばあっという間に完成です。一晩以上漬け込むときは、塩の量を少し減らしましょう。皮ごと漬け込むレモンは、ノンワックスのものを使うと◎。

鶏むね肉の塩レモン焼きを作ってみる

③豚こまボールの甘酢ごまだれ焼き

oceans-nadia.com

安価な豚こま肉も、食品用ポリ袋でモミモミ揉んで丸めて焼けば、ジューシーな肉団子に。ゴマたっぷりの甘酢ダレを絡めればお弁当にも最適。酢豚の豚肉をこの肉団子にしても絶品ですよ。

豚こまボールの甘酢ごまだれ焼きを作ってみる

④豚肉とはんぺんの落とし焼き

oceans-nadia.com

細かく刻んだ豚肉とはんぺんを食品用ポリ袋の中で揉み込むだけ。フライパンに落としてから形を整えて焼くので失敗知らず!タレを煮絡めれば、お弁当にもぴったりのおかずになります。

豚肉とはんぺんの落とし焼きを作ってみる

⑤えびマヨカツ

oceans-nadia.com

ふわふわ食感の正体ははんぺん。少ないエビでも食べ応え満点です。タネにマヨネーズを入れるので、そのままパン粉を付けることができます。溶き卵や小麦粉を使わなくて済むので、無駄なカロリーや時間をカットできるイチオシの1品。

えびマヨカツを作ってみる

⑥タラの西京焼き

snapdish.co

買うと高い西京漬けも、食品用ポリ袋があれば容易に作ることができるんです。魚はタラ以外でも大丈夫!魚は、ポリ袋から絞り出すようにすると、ちょうど良い味噌加減で焼くことができますよ。

タラの西京焼きを作ってみる

⑦オムレツ

snapdish.co

形を整えるのが難しいオムレツも、食品用ポリ袋を使えば簡単に理想の形に仕上げることができますよ。また、焼かずに茹でるので、余分な油もバターもカット!卵そのものの美味しさを味わえる、ヘルシーなオムレツです。

オムレツを作ってみる

お箸が止まらない小鉢もパパっと!

⑧にんじんの塩昆布ナムル

oceans-nadia.com

お弁当の彩りにもオススメの一品。にんじんは、「長さ」「太さ」を揃えて千切りすることで、味が均等にしっかりなじみます。日持ちは冷蔵庫で約3〜4日。サンドイッチにしても美味しいですよ。

にんじんの塩昆布ナムルを作ってみる

⑨韓国風ごまきゅうり

oceans-nadia.com

焼肉のたれ+ごま油の香ばしさにキュウリのポリポリ食感。これだけでごはんのおかわりができる美味しさ。ポン酢をプラスするので、意外に後味はサッパリ。キュウリは“適当”に乱切りするのが美味しく仕上がるポイントです。

韓国風ごまきゅうりを作ってみる

⑩ピリ辛牛蒡照り焼き

snapdish.co

ごま油の香ばしさとピリリとくる唐辛子の風味が後を引く、お弁当にもおつまみにも大活躍の一品。味付けから下準備までを食品用ポリ袋でしてしまうので、洗い物も少なくなりますよ。揚げ焼きにするので、油の片付けも楽チンです。

ピリ辛牛蒡照り焼きを作ってみる

⑪とうもろこしの唐揚げ

snapdish.co

子供も大人も大好きなとうもろこし。屋台の“焼きとうもろこし”をイメージした味付けです。食品用ポリ袋を使えば、最小限の醤油で全体に味をなじませることが可能。揚げる際に破裂しないよう、粒に包丁を入れておくのがポイントです。

とうもろこしの唐揚げを作ってみる

別腹のデザートも手間要らず♡

⑫いちごヨーグルトプリン

oceans-nadia.com

レンジと食品用ポリ袋があれば10分でできあがるぷるぷるプリン。火を使わず、果肉は握って潰すのでお子さんと一緒に作っても楽しそう!ヨーグルトを水切りすると、固めの食感に仕上がります。

いちごヨーグルトプリンを作ってみる

⑬サクサクコーヒーくるみクッキー

oceans-nadia.com

ほろ苦いコーヒーと香ばしいクルミの風味がやみつきに。バター不使用でサクサクと軽い食感は、つい食べ過ぎてしまう美味しさ。食品用ポリ袋で混ぜてこねるので洗い物が少なく、後片付けも楽チンですよ。

サクサクコーヒーくるみクッキーを作ってみる

⑭バナナパンケーキ

snapdish.co

黒くなりかけたバナナを使ってできるパンケーキ。バナナの固まりがなくなるまでしっかり揉めばもっちりなめらか食感に仕上がり、バナナの甘さをしっかり楽しめますよ。生地作りは食品用ポリ袋で完成!洗い物はフライパンのみなので楽ちんです。

バナナパンケーキを作ってみる

楽チンなのに美味しいって最高♡

Hero Images / Getty Images

調理から後片付けまで、キッチンに立つ時間を短縮できる「ポリ袋レシピ」は、暑い季節にピッタリです。ぜひ、この夏お試しくださいね!

記事に関するお問い合わせ