無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肩こりで死んじゃう!頑固な肩こりを一瞬でスッキリさせる裏技5選

ストレッチやマッサージをしてもしつこくぶり返す肩こり、もしかすると間違った場所を間違った方法でケアしているからかも!?ここでは肩こりや首こりを根本的にほぐす、意外で手軽な裏技をご紹介します。

2016年2月
美容

今すぐコリをほぐしたい!

こっている場所をケアしてもダメ

気が付けばガチガチに固まっている肩こり、動かすと痛みが走る首こり。今すぐ何とかしたいけど誰も揉んではくれないしコリを解すには時間もかかる・・・そう思っていませんか?

実は肩こりや首こりは、意外な場所をケアすることによってすぐに解消できるんです。ここではデスクワークや家事のちょっとした隙間時間に、手軽に短時間でガンコな肩こりを治す方法をご紹介します!

今すぐできるセルフ肩こり解消法

1. 太もも叩きで腰の外側をほぐす

肩こりの原因は硬くなった腰の筋肉が肩の筋肉を引っ張っていること。ですから根本的に肩こりを治すには腰の筋肉を柔らかくする必要があります。まずは「太もも叩き」で腰の表面の筋肉をほぐしましょう。

椅子に腰かけた状態で行います。叩く場所は太ももの外側斜め45度の辺り。手のひらを立て膝から脚の付け根まで2cm刻み(なるべく小刻み)でできるだけ強めにチョップしていきます。

PINOKO

斜め前から手を振り下ろし手前にすくうような感じで叩くのがコツ。両手を前後に回しながら行うとやりやすいです。スピードは関係ないので膝から脚の付け根までの一方向を両脚とも10回繰り返し叩きましょう。

PINOKO

下の動画で詳しい動きをチェックしてみて下さい。

2. 親指押しで腰の内側をほぐす

こちらは腰の内側の筋肉をほぐす方法です。①腰の筋肉で硬くなっている箇所(触ると痛い箇所)に親指を軽く押し当てます。肩の力は抜いて。

PINOKO

②押し当てた親指を支点に上半身だけ左右に動かします。2秒かけてゆっくり右から左へ、2秒かけて左から右へ、全部で3往復します。すると指が当たっている箇所が少し柔らかくなってきます。

PINOKO

③指を離して2秒間隔を空けたらまた3往復。これで肩の筋肉を引っ張っていた腰の筋肉がほぐれ、肩の筋肉を引っ張らなくなるので肩こりが解消します。太もも叩きと併せて行うとより効果的です。

動画で場所を確認してみてくださいね。

3. キラキラグーパーマジック

リンパをスムーズに流すことで凝りを解消する方法です。①右手の中指&薬指と小指で左耳を挟みます。手のひらは左頬にふんわり付けます。左手は力を抜いて手のひらを外側にし、だらりと下に下ろしておきます。

PINOKO

②息を鼻から吸い口から吐くという呼吸を2度ゆっくりします。③左手をグーパーグーパーと握ったり開いたりを数回繰り返します。④続けて手首を左右にねじるキラキラのポーズを数回繰り返します。

PINOKO

⑤頬に当てていた右手を左首筋に当て、②~④を行います。以降右手を順に左胸、左脇の下に移動しそれぞれ②~④を行います。時間があればさらに左肩、左の肩先、左二の腕にも当てて②~④を行います。

PINOKO

詳しい動きは下の動画でチェックしてみて下さい。

4. 腕ねじりで首こりを治す

首の筋肉と連動している腕の筋肉を動かすことで首こりを解消します。①右手を横に伸ばしてできる限り内側にねじります。②左手で右腕のねじりをサポートするように内側へ力を加えます。この状態で10秒キープです。

PINOKO

③今度は右腕を外側にねじり、左手はそれをサポートして外側への力を右腕に加えます。やはり10秒キープです。左腕も同じように行います。

PINOKO

動画でもチェックしてみて下さい。

5. 痛さが効く!力こぶほぐし

緊張している二の腕の筋肉を弛緩させることで、腕の筋肉が肩の筋肉を引っ張らないように調節します。

①力こぶの辺りを指で押さえてみると痛い箇所があるはずです。そこに親指以外の4本の指を強く突き立て、親指は腕の裏側にあてがって二の腕をつまむように力を入れます。

PINOKO

②力を入れたまま腕の曲げ伸ばしを20~30回ほど行います。さらに痛く感じますがこうすることで肩の筋肉を引っ張っていた二の腕の筋肉が緩み、肩の筋肉もそれに伴って緩みます。左右両方行いましょう。

PINOKO

詳しい解説は下の動画を見て下さいね。

肩以外からのアプローチが正解

肩こりや首こりには患部以外からのアプローチが正解。紹介した5つの方法はどれか一つでも効果があり、場所を選ばず短時間でできます。自分に合うものを選んで普段からケアし、凝り知らずの体を作りましょう!

記事に関するお問い合わせ