無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「抗生物質で歯が変色?」子どもの乳歯ケアの疑問を歯科医が解説

子育て
www.gettyimages.com

歯磨き粉は使ったほうがいい? 歯磨きの頻度は? 母乳を飲ませたあとに歯磨きをしなくて大丈夫? 乳歯のケアっていったいどうすればいいの? 子どもの乳歯ケアについて、ママ・パパは多くの疑問や不安を抱いていることでしょう。

歯の健康は一生の健康にもかかわることだから、心配になるのも当然です。でも、過敏になりすぎて、世の中に出回っているウワサをうのみにするのもよくありません。幼児のむし歯予防にも詳しい、ほりぐち歯科(東京都大田区)の堀口尚司先生に、よくある乳歯ケアの疑問に答えていただきました。

関連:「イヤイヤ期」とちがう、「キレやすい子」。歯磨きや片付けで、心のコントロールを学ばせる方法

むし歯の「これってウソ? ホント?」

堀口尚司先生に、乳歯ケアにまつわる、さまざまな疑問の「ウソ・ホント」を判定してもらいました。まずはむし歯について!

Q.むし歯のなりやすさ、なりにくさが遺伝するってホント?

A.【ホント】歯の質、唾液の質の遺伝が、むし歯のなりやすさに影響します

歯の質や、唾液の質は、親子である程度似ています。唾液には歯のエナメル質を修復する作用がありますが、その作用が弱い唾液だと、歯の修復が遅くなりむし歯になりやすくなります。遺伝的な要素を根本的に解決することは難しいでしょうから、フッ素を塗ることで歯の質を改善させましょう。

Q.親のむし歯が子どものむし歯リスクを高めるってホント?

A.【ホント】食生活をまねたり、スプーンやフォークの共用をしたりするとリスクが高まります

間食が多かったり、甘いものが好きだったりすると、むし歯になりやすくなります。親がそのような食生活をしていると、子どもがそれをまねて成長し、むし歯になりやすくなるかもしれません。親の食生活を改善することが大切です。また、口の中にむし歯菌がいるママ・パパが、口移しで食べ物を与えたり、スプーンやフォークの共用をしたりすると、子どもにむし歯菌がうつってしまうので注意しましょう。

Q.3歳までにむし歯菌が定着しなければ、一生むし歯にならないってホント?

A.【ウソ】3歳を過ぎても、むし歯菌に感染すればむし歯になります

乳歯も永久歯も、生えてから2年以内が最もむし歯リスクが高くなります。そのため、3歳までにむし歯菌が定着しなければ大丈夫だと考える人もいるかもしれませんが、それ以降もむし歯菌に感染すればむし歯になるので、3歳を過ぎてもむし歯予防を怠ってはいけません。

Q.授乳後そのまま寝かせるとむし歯になりやすいってホント?

A.【ホント】授乳後そのまま寝かせるとむし歯リスクが高まります

母乳や粉ミルクには乳糖という成分が含まれています。また、眠っている間は唾液の出る量が少なく、最もむし歯になりやすい時間帯です。断乳のタイミングはお子さんの心身の成長などを見ながら決めていくことが基本ですが、むし歯予防の観点に絞っていえば、早めの断乳をおすすめします。

乳歯ケアの「これってホント? ウソ?」

迷いがちな乳歯のケア方法や、乳歯のことについて聞きました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ