無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018〜2019年オープン!おしゃれな良コスパなホテル3選[銀座・新宿・上野]

旅行・おでかけ

2.〈The Royal Park Canvas-Ginza 8〉/銀座

花椿通りに3月20日オープン。

〈ロイヤルパークホテルズ〉から誕生した新ブランド“CANVAS”のキーワードは、「Make It Happen」。ゲストが交流できるラウンジやプライベートキッチンなど、宿泊者の体験を促す共用スペースが充実。

客室はテレビがキャビネットの中に隠された1301号室など、部屋ごとに発見の楽しみがちりばめられている。

オリジナルのアメニティは購入が可能。

またフードは〈トランジットジェネラルオフィス〉がプロデュースし、最上階のオールデイダイニング〈Opus〉は広尾のフレンチ〈Ode〉の生井祐介シェフが監修。

ティーサロン〈SARYU〉は蔵前の〈NAKAMUA TEA LIFE STORE〉が監修。静岡県産の有機茶葉が味わえるほか「抹茶の発泡モクテル」(写真右)など、茶葉を使ったカクテルも多彩。

1階ロビーではティーサロン〈SARYU〉がゲストをもてなす。新たな“It”が詰まった空間だ。

〈The Royal Park Canvas-Ginza 8〉
1階の〈ボトルショップ〉でお土産も。東京メトロ銀座駅A4出口より徒歩約5分。■東京都中央区銀座8-9-4
■03-6205-8010
■全121室
■IN15:00 OUT11:00
■1室1名15,300円~(税サ込)

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yuko Moriyama, Megumi Uchiyama, Natsumi Kakuto text : Yoko Fujimori, Yumiko Ikeda, Aya Shigenobu)

(Hanako1171号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yuko Moriyama, Megumi Uchiyama, Natsumi Kakuto text : Yoko Fujimori, Yumiko Ikeda, Aya Shigenobu)

3.〈NOHGA HOTEL UENO〉/上野

上野や浅草のある台東区は、歴史的建造物の美術館があったり、かっぱ橋道具街があったりと、昔ながらの東京文化を発信してきた街。ここには工房や職人が多く残り、若いクリエイターたちも育ってきている。

1室のみの「ノーガスイート」。

2018年11月に開業した〈NOHGA HOTEL UENO〉では、家具、アメニティ、レストランなどに彼らのプロダクトを採用。滞在中はいつでもそれらに触れて体験できる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ