無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「リセットストレッチ」で二の腕の振袖肉をスッキリシャープに!

美容

KAORU /パーソナルトレーナー

二の腕がもたつく原因は、腕の裏を使えていないのが原因!?

30年以上、フィットネス業界で活躍しているKAORU先生がレクチャーするのは、根本から体を変えていく、ほぐす&動かす&伸ばす動作をとり入れた、新感覚のリセットストレッチ。
これは運動経験がない人でも無理なく行えるストレッチで、最初に「リリース」と呼ばれる「ほぐし」を入れるのが特徴です。リリースで長年のクセで固くなってしまった筋肉をほぐし、骨や筋肉を体が本来持つべき場所にリセットし、機能的に使える体に導くことにより、理想のボディラインが手に入ります。

ところで振袖みたいにたれ下がった、二の腕のぜい肉。ここがたぷたぷと、もたついてしまう原因は?
「二の腕が太い人は、腕の筋肉がゆがみ、縮んで固まっていることが考えられます。腕の主な筋肉には、力こぶを作る上腕二頭筋と、その裏側にある上腕三頭筋がありますが、日常の中で主に使われているのは前者の上腕二頭筋です。この上腕二頭筋は、腕を曲げるときに主役となる筋肉ですが、ここの筋肉がゆがんだまま固くなってしまうと、互いに張り合うようにしてある裏側の上腕三頭筋が使われず、たるんできてしまいます」(KAORU先生)

そして、上腕二頭筋の動きのカギを握るのが、肩にある三角筋です。

「上腕二頭筋の動きに関わるのが、肩にある三角筋です。これは肩を覆っている、肩関節の動きに関わる筋肉なのですが、ここが固いと、腕の動きが悪くなります。特に肩周りがパンパンに張っている人は、固くなっているので要注意です。試しに腕を上げて伸ばしてみてください。まっすぐに上がらず腕が曲がってしまう人は、三角筋と上腕二頭筋の力が強く、その拮抗(きっこう・互いに張り合う力のこと)関係にある上腕三頭筋が伸びなくなっています。腕は肩からぶら下がっている状態ですから、腕の起点にある三角筋をほぐしてから上腕二頭筋を伸ばすストレッチを加えることにより腕の可動域が広がり、もたつきやすい二の腕がすっきりしてきます」(KAORU先生)

固まってしまった三角筋をゆるめるリリース

二の腕の起点ともいえる三角筋が固まってしまうと、腕の動きが悪くなり、二の腕にぜい肉がたまりやすくなります。このことは、関節を釘、腕を板に置き換えて考えてみてみると簡単です。板を釘でグッと打ちつけてしまうと板は動きませんが、釘をゆるめることで板は動くようになりますよね。関節と腕もこれと同様です。関節を固めてしまっている肩の三角筋をほぐすことで、腕の動きがよくなります。まずは腕の動きをロックしている、三角筋をゆるめましょう。

壁の横に立ちます。壁と腕の間にテニスボールを入れ、10~20回上下に動かして、三角筋をほぐしましょう。反対側も同様に。

腕を振って、二の腕のたるみを伸ばす!

「腕は前側にしか曲げられません。ひじを逆に折り曲げることができない、ということは、二の腕のうしろの筋肉は使われず、何もしなければたるんでいくのです。ただ腕は、肩からぶら下がっているだけなので、その起点となる肩がゆるめば、腕の伸びがよくなります。リリースのあと、腕をブンブン振れば腕の筋肉は伸び、もたついていた二の腕がすっきりしてくるのです」(KAORU先生)

1)脚を肩幅の1.5倍くらいに開き、つま先を外に向けます。背すじはピンと伸ばしましょう。

2)腕を前に伸ばし、クロスさせます。

3)腕を放り投げる気持ちで反動をつけ、肩を中心に手先から腕を振り上げます。肩の力で上げるのではなく、反動を使うのがコツ。腕によぶんな力を加えないことで、筋肉が伸びやすくなります。

4)上まで反動で振り上げたら、指先までピンと伸ばしましょう。勢いをつけて10~20回振り上げます。肩が内巻きになっている、あるいは肩関節が固い人は、腕が上まで上がらず、途中で止まってしまうこともありますが、それでも問題ありません。勢いよく振りましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ