無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏のドライヤーを短く快適に!驚きの吸水性《1秒タオル》知ってる?

ただでさえ暑くて気だるい夏。お風呂上がりのドライヤーって地味にストレスじゃないですか?さっぱりしたはずなのにじわじわ汗をかいてきて、乾かし終えた頃には汗もダラダラの状態に…。「どうにかしたい!」そんな人には、吸水性抜群の〈1秒タオル〉がおすすめなんです♡

ヘアスタイル

驚きの吸水性!〈1秒タオル〉って知ってる?

やっと乾かし終えたと思ったら、汗がタラタラ流れてきて…。夏場のドライヤーって地味にストレスですよね?面倒くさいからと髪をバッサリ切っちゃうのも勇気がいるし、速乾スプレーや速乾シャンプーに頼るのもちょっぴり違う気が…。

「さくっと乾かす時間を短縮したい」なんて人には、1秒タオルがおすすめ!驚きの吸水性で、ドライヤー時間がぐんと短縮されちゃうんです♡今回は”通常のタオルとどれだけ吸水力が違うのか”検証しながら、その魅力をたっぷりお伝えしちゃいます!

普通のタオルと比べると、こんなに吸収力が違う!

知らない人のためにもご説明すると…。「1秒タオル」とは、タオルを1cm角に切り取った試験片を水に浮かべたとき、1秒以内で沈みはじめるタオルのこと。1cm角?試験片?といまいちピンときていない人も多そうですが、要は水を吸収する力が極めて高いタオルなんです。

試しに吸水力を比較してみると?

では、どれだけ吸水性が高いのか?今回は1秒タオルと通常のタオルを使って、独自の方法で検証。

しっかりと比較するために、同じサイズのタオルを用意しましたよ。ピンクが1秒タオル、白が通常のタオルです。

検証方法はいたってシンプルなもの。まず1000mlの水を用意して…

そこにタオルを1分間沈めます。しっかりと水を吸うように、上からギュ〜っと押さえて…

タオルを取り出し、残りの水分の量で吸水力を比較。通常のタオルは335mlの水を吸ったので、残りは665ml。対して1秒タオルは573mlもの水を吸ってくれたので、残りは427mlと約1.5倍もの吸水力だったんです!シンプルな検証方法ですが、これだけでも通常のタオルとの差が歴然。

実際にお風呂上がり使ってみると?

私は普段から髪が乾きにくくて、ミディアムヘアにも関わらずドライヤーに10分ほど時間がかかってしまうんですが…。1秒タオルを使った日は、なんとドライヤー時間6分!普段は結構拭いてもポタポタ水が垂れてくるのに、この日は1回で水気をしっかり吸収してくれたんです。もう「こんなに吸うタオルってある?」ってくらい、拭けば拭くほど水気がなくなって!タオルひとつでこんなに楽になるんだ…と感動しちゃいました♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ