無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊娠体質をつくる5つの栄養素って? 2人で食べたい「妊活ごはん」の基礎知識

子育て

妊活中にパートナーと2人で食べたい<妊活ごはん>って、どんな栄養素が必要? 食事の注意点は?
妊活中にぜひチェックしてほしい食事の栄養について、産婦人科医の佐藤雄一先生に伺いました。
「栄養バランスのいい時短レシピ 2人で食べるほどに妊娠力アップ 妊活ごはん」 #1

※参考:「妊活たまごクラブ 2019-2020年版」

関連:男女で変わる妊活のNG行動って? 赤ちゃんに出会うために2人で妊活力チェック

妊娠体質をつくる5つの栄養素

妊活中の2人に積極的に摂ってほしい栄養素をチェックしましょう!

1・タンパク質

骨や血管、内臓にはじまり、髪の毛や皮膚、爪などに至るまで、体作くりに欠かせないタンパク質。
摂取量の目安は体重1kgあたり1日1~1.5g。
植物性・動物性あわせての摂取が必要です。

2・ビタミン類

別名「妊娠ビタミン」と呼ばれるビタミンEをはじめ、子宮環境を整えるビタミンA、妊娠糖尿病や低出生体重児などのリスクを軽減するビタミンDなどは、妊活中に積極的に摂取したい栄養素。

3・鉄分

鉄分は赤血球をつくったり、酸素を体内に運ぶ重要な役割を果たす栄養素。
また粘膜をつくるので、ふわふわな子宮環境に整える働きも。女性は月経で毎月鉄分不足になるので多めに摂取を。

4・葉酸

葉酸は細胞分裂や成長、DNAの形成に必要不可欠な栄養素。
妊娠中だけでなく、妊娠前からの摂取を厚生労働省も推奨。
ほうれん草やブロッコリー、レバーなどに多く含まれています。

5・亜鉛

精子の形成や前立腺の働き、精子の運動と活性化に役立つ栄養素。
亜鉛が欠乏すると、性欲の低下につながることも!
女性ホルモンの生成にも必要なので、夫婦で摂取するのが望ましい栄養素。

妊活中ごはんのポイント:「主食」・「主菜」・「副菜」

妊活中の食事、「主食」・「主菜」・「副菜」の摂りかたについてまとめました。

「主食」 白いものを避けて血糖値をコントロール

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ