無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この夏の島旅にぴったり!しまなみ海道「大三島」には魅力がいっぱい

旅行・おでかけ

愛媛県今治市、瀬戸内海の西部にある「大三島」。サイクリストの聖地・しまなみ海道のルート上にあり、古くから「神の島」とも呼ばれている独特な存在感を持っている島です。ここでは、そんな「大三島」のおすすめスポットをご紹介。島の現在や未来が垣間見られるミュージアムや地元の豊かな食材が堪能できるパン屋、瀬戸内の絶景を楽しめるカフェなど。島旅ならではの魅力に溢れています。

大三島の伝統を未来へとつなぐ「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」

世界的に著名な建築家・伊東豊雄さん。そんな伊東さんが大三島に魅せられて建造したのが「今治市伊東豊雄建築ミュージアム(TIMA)」です。この島が「伝統を護りつつ未来へ向かって創造的な島」になるための活動を続けるための拠点として作られました。

このミュージアムは、「スチールハット」と「シルバーハット」というふたつの建造物で構成されています。そのどちらも伊東さんのデザインによるもの。独創的でありながら瀬戸内の美しい景色に馴染む建造物で、施設全体がひとつの作品となっています。

「スティールハット」がミュージアムの本館で、こちらの建物をメインにして展覧会が開催されています。その内容は、大三島での新しい試みや試行錯誤、移住者の人びとの紹介など。大三島の歴史や伝統に寄り添いながら未来を紡いていく、そんな素敵なミュージアムです。

「シルバーハット」は、1984年に伊東さんが東京・中野に建造した自宅を再生した建造物。ワークショップやリサーチのためのスペースで、伊東さんが選んだ約100件のプロジェクト図面を中心として収蔵している「伊東豊雄アーカイヴ」もこちらにあります。

瀬戸内の海とそこに浮かぶ島々。そんな風景をゆったりと眺めながら過ごせるのも、この「シルバーハット」の魅力です。

今治市伊東豊雄建築ミュージアム(イマバリシイトウトヨオケンチクミュージアム)

大三島で採れた食材をたっぷり堪能「パン屋 まるまど」

2018年4月、大三島にオープンした、島の食材にこだわった天然酵母のパンが食べられる「パン屋 まるまど」。パンを通じて、大三島の食材の豊かさを存分に楽しめるのが魅力的で、開店とともに続々と人びとが集まってくる、地元で人気のパン屋さんです。店内は、焼きたてパンの芳醇な香りで満たされています。

「クリームパン(151円)」

店内のカウンターには、アンパンやメロンパン、チーズパンなど、さまざまなパンが整然と並べられています。パンを焼き上げる上で大切な酵母にもこだわりがあり、セミハード系のパンには大三島産の温州みかんから培養した酵母、食パンや丸パンなどの柔らかいパンには、米と小麦と水だけを原材料にした酵母・あこ天然培養酵母を使用して焼き上げています。

「クリームパン」はこのお店の人気メニューのひとつ。平飼いの鶏の卵を使った自家製のカスタードクリームがたっぷりと入った、贅沢な味わいのクリームパンです。かたちも帽子みたいで可愛いです。

「瀬戸内魚介と季節野菜のピザ(237円)」

旬の食材を使用した惣菜パンもおすすめ。写真は、瀬戸内の豊かな海産物と旬の野菜を使ったピザ。左側がイカとスナップエンドウ、右側がエビと新玉ねぎのピザです。サイズも食べやすくコンパクトにカット。大三島の海の幸と畑の幸、そのどちらも楽しむことができる欲張りなピザとなっています。

パン屋 まるまど(パンヤ マルマド)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ