無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パンツのシルエットが変わる! 外側に張った腰骨を引っ込める「下半身やせトレ」

美容

■ぽっこり大転子エクササイズ ステップ<1>

脚を組んだり、ガニ股歩きをするなど無意識のうちに行っていることが、大転子がぽっこりと出てしまう原因になります。この習慣から脱却することが、大転子を引っ込める近道になります。
そのために、まずは股関節からしっかりストレッチしてあげましょう。

あお向けになり、片足のひざを曲げてかかとを持ち、徐々に股関節から外に開きましょう。余裕のある人は、自分のひじを使ってひざをさらに開くように押すと効果的です。

正しく行うポイントとして、軸になっている骨盤が床から離れないようにしましょう。手でおさえてもかまいません。

ムリしない程度に気持ちよく伸びるところで30秒ほどストレッチしたら、反対側も同様に行います(武田さん)

■ぽっこり大転子エクササイズ ステップ<2>

次に大転子を引っ込めるために、必要なお尻の筋肉を鍛えます。

両手と両ひざを床に着き、脚のつけ根とひざがそれぞれ直角になるようにします。

息を吐きながら片脚を上げきます。このとき、高さはいりませんので骨盤が傾かないように注意して。片脚を戻すときは息を吸いながら戻します。目安として8回くり返したら、反対側も同様に行いましょう。

正しく行うために、軸足に体重をのせすぎないように気をつけましょう(武田さん)

■ぽっこり大転子エクササイズ ステップ<3>

最後に行うのは、下半身全体を鍛えながら、大転子を正常な位置へと導くストレッチです。

脚は約30cm幅くらいに開いて、つま先を外側へ向け、ムリのない程度に開いて立ちます。骨盤を立てて、姿勢をまっすぐにします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ