無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旅行前にも便利♪東京駅のベーカリーで見つけたスイーツパン

グルメ

連日多くの観光客やビジネスマンで賑わうビッグターミナル・東京駅。実は多くのベーカリーが点在し、200種類以上のパンが販売されている“パン激戦区”とも言われています。今回は、数ある東京駅のベーカリー中からおすすめのスイーツパンをご紹介。通勤前や旅行前、手土産にもぴったりなパンが勢ぞろいしていますよ。

【改札内】創業50年以上、変わらない優しい味。「デイジイ東京」

東京都・埼玉県に7店を展開する「Daisy」の姉妹ブランド「デイジイ東京」。東京駅オリジナル商品を含む約100種類の商品が並びます。

東京駅・グランスタ内での売上個数ランキングにもランクインし、年間で約6万個も売り上げた「クロワッサンB.C.」は、アーモンドケーキをクロワッサン生地で包み、上にクッキー生地をそぼろ状にしたものと、砕いたアーモンドをトッピングした新感覚のスイーツパン。B.C.のBはバター、Cはクロワッサン、クッキー、ケーキを意味しています。楽しい食感と香ばしい味わいを楽しんで。

「クロワッサンB.C.」(292円)

「フルーツサンド」(562円)

また、見た目も華やかな「フルーツサンド」もおすすめ。低温長時間熟成で小麦の旨味を引き出したしっとりとした口当たりの食パンに、フルーツとケーキで使う上質な生クリームを贅沢にサンド。小分けにされたカットが嬉しい、ショートケーキのようなサンドイッチです。

デイジイ東京

【改札内】老舗ベーカリーの伝統を受け継ぐパン味わう。「ブランジェ浅野屋」

1933年の創業以来、伝統的な製法のパンづくりを受け継ぎ、パン本来の旨味を職人が作り上げる老舗ベーカリー「ブランジェ浅野屋」。本店は軽井沢にあり、都内にも多くの店舗を構えるパン屋さんです。

数あるパンの中から今回ご紹介するのは、お店のロゴが刻印されたあんぱん。粒餡の上に黒糖を混ぜたアーモンドクリームが乗せ、ふんわり食感のブリオッシュ風の生地で包んだオリジナリティあふれる一品。甘さ控えめの餡子とアーモンドの香ばしい風味が上品なあんパンです。

「黒糖あんぱん」(280円)※8月中旬までの限定販売

「ダークチェリーとクリームチーズカスタードのフレンチトースト」(388円)

スイーツパン好きにはたまらない、ロイヤルブレッドを使用したフレンチトーストは、乙女心をくすぐる可愛い見た目も魅力のひとつ。クリームチーズの濃厚さとダークチェリーの酸味がよく合い、爽やかな口当たりが楽しめます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ