無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏は害虫がわいたり臭ったり…生ゴミをエコに処理する「生ゴミ処理機」まとめ

インテリア
スターエンジニアリング「庭用バイオ式生ゴミ処理機 バイオクリーン(BS-02)」

9万7200円

「屋外設置型のバイオ式生ゴミ処理機です。東北大学大学院工学研究科とメーカーが共同開発し、アシドロという微生物基材とゴミを混ぜることで分解するタイプ。長期間、微生物の交換や追加が不要なので、経済的と言えるでしょう。また、生ゴミだけでなくペットの糞尿も処理可能で、生ゴミの85%は水蒸気や炭酸ガスに分解され、残り15%が良質な有機肥料として残るので、分解率は圧倒的です。そのため、ニオイもほとんどしません。ただ、1日2kgの生ゴミが処理可能で価格も高いので、大家族の方や個人で飲食店を経営している方、広く家庭菜園をされているなど、ゴミが多く出る方におすすめです」

生ゴミ処理機は一見ハードルが高そうな家電製品に見えますが、稼働や掃除に手間がかからず、日々出る生ゴミのストレスが格段に軽減し環境にも配慮できるすぐれものです。一段とニオイや腐敗が気になる暑い季節がやってくる前に、取り入れてみてはいかがでしょうか。

Profile

インテリア&家電コーディネーター / 戸井田 園子
大手プレハブメーカーでインテリアコーディネートを担当し、インテリア研究所を経て商品企画部へ。そのときに身につけた性能・デザイン・価格などをトータルに比較し、商品の優劣を見極める技術をもとに、フリーランスに。現在はインテリアや家電のコーディネーターとして活動している。

取材・文=吉川愛歩 構成=Neem Tree

何気ない日常を、大切な毎日に変える @Living

@Living
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ