無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エアコン代が気になる…!夏の電気代を上手に節約する方法

酷暑に欠かせない文明の利器「エアコン」。ただ、エアコンが活躍する時期に気になるのが電気代…ですよね。そこで、エアコンを使いながら電気代をおさえる、知っておきたいエアコンの節電方法をまとました。夏の電気代を上手に節約する方法を知っておきましょう!

2019年8月
節約・マネー

夏の電気代を上手に節約する方法

近年の過酷な夏を乗り切るための必須アイテム「エアコン」。そして、エアコンが活躍する季節に気になるのが電気代…ですよね。

torwai / Getty Images

エアコンを使いながら電気代をおさえるなんてこと…実はできるんです!ちょっとした心がけや工夫で無理なくできるエアコンの電気代節約術をまとめました。

①カーテンは閉めておく

pixabay.com

カーテンやブラインドで日差しを遮り、太陽の熱を室内に入れないようにしましょう。せっかくエアコンが部屋を冷やしているのに、日光が部屋を暖めてしまっては電力を無駄にしてしまいます。

②設定温度を1℃上げる

Ake Ngiamsanguan / Getty Images

設定温度を1℃上げると、そのぶんエアコンの負担がかからなくなるので電気代が安くなります。1℃なら体感だとほぼわかりませんし、1日の節約額としては小さくとも夏の間中のことと考えるとそれなりの金額になりますよ。

③ドアをきちんと閉める

unsplash.com

せっかく部屋が冷えてきたのに頻繁にドアを開け閉めしたり開けっ放しにしていませんか?外の暖かい空気が入り込むと冷房効果が悪くなります。冷気を逃がさないようにドアの開け閉めは最小限に留め、できるだけ素早く行いましょう。

④空気を動かす

stocksnap.io

冷たい空気は下に溜まりやすくなります。エアコンの冷房効率上げるため、サーキュレーターや扇風機を使って空気を動かし空気を循環させましょう。また、風を感じることで体感温度を下げる効果も得られます。

⑤フィルターの掃除をする

Ake Ngiamsanguan / Getty Images

フィルターが目詰まりしているとエアコンの効きが悪くなり無駄な電力を使います。2週間に1度を目安にエアコンのフィルター掃除を行いましょう。掃除機でフィルターの埃を取るだけでもだいぶ綺麗になります!

記事に関するお問い合わせ