無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ローンで買うのは〇〇だけ!貯蓄上手な人が絶対やらない10のこと

世の中には残念ながらなかなかお金が貯まらない人と、貯めるのが上手な人がいます。今回は、そんな貯め上手さんが絶対にやらないことを、全国の主婦を取材し、お金に関する記事を数多く手がける村越克子さんに教えてもらいました。

節約・マネー

世の中には残念ながらなかなかお金が貯まらない人と、貯めるのが上手な人がいます。今回は、そんな貯め上手さんが絶対にやらないことを、全国の主婦を取材し、お金に関する記事を数多く手がける村越克子さんに教えてもらいました。

1.お疲れ外食/うっかり外食

貯めている人は、家族で出かけて「帰ってから夕飯をつくるの面倒だから」とか、園や学校の保護者会の集まりがあって「今日はいそがしくて疲れたから」という理由で外食をすることはありません。

というのは、面倒なときや疲れたときでも外食をしないで済むように、あらかじめ手を打っているからです。たとえば、出かける前に炊飯器のタイマーをセットしておく、カレーやシチューなど温めるだけで食べられるものを前の日につくっておく……などで外食を予防しています。

2.車をローンで買う

www.gettyimages.com

貯めている人がローンで買うのは「家」だけ。さすがに「家」は高額なので、即金で買うことはできませんが、それ以外は“現金払い”です。

車も例外ではなく、お金を貯めて一括払いします。それはローンを組むと利子を払うことになるので、それをムダな出費と考えるからです。

車を購入するときには予算と購入時期を決めて、毎月積み立てで貯蓄。貯まってから買います。

3.お金をちょこちょこおろす

貯めている人は、1カ月の生活費予算を決めて、その金額をまとめて1回でおろします。手元の現金がなくなるたびに、ATMでちょこちょこ下ろすことはしません。

ちょこちょこおろすと、いくらおろしたか全額が把握しにくくなり、予算を守るのが難しくなるからです。

「手元の現金=今月使っていいお金」だと、残金がひと目でわかって予算を守りやすくなります。

4.「まとめ買いで割引」に飛びつく

「3足1,000円の靴下」
「3パックで1,000円のお肉」
「2束100円のニラ」

など、まとめて買うと割引されるのは一見お得なようですが、たとえば新しい靴下は2足で十分という場合、貯めている人は2足しか買いません。というのは、3足買ったほうが1足あたりの単価が安くなっても、2足買うよりも出費は多くなります。それを不要な出費と考えるからです。

5.送料が無料になるまで買う

www.gettyimages.com

「5,000円以上買えば送料無料」というサービスで、必要なものは4,000円、送料が600円の場合、ついあと1,000円分、何かを買いたくなるものです。

でも貯めている人は、送料がかかっても必要なものだけを買います。その理由は「まとめ買いで割引」と同じ。必要なもの4,000円+送料600円=4,600円で済むところを、たいして必要でも、欲しくもないものを1,000円買って、出費を5,000円にする必要はないと考えるからです。
目先のお得よりも、「本当に必要な出費はいくらか」を見極めるのが貯めている人です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ