無料の会員登録をすると
お気に入りができます

北海道・十勝の美しい自然を五感で満喫するアクティビティとは?乗馬体験やピザ作りも。

旅行・おでかけ

十勝の時間に身を任せ、自然で暮らすように泊まる。

どこまでも続く絶景、快適な気候。夏の北海道は魅力的だ。訪れたのは、朝ドラ『なつぞら』の舞台として注目を集めている酪農天国・十勝。都会の喧騒を忘れ、大地の恵みを全身で感じたい!

飛行機と車を乗り継ぐ。清々しい風と牧草地特有の香りを感じながら辿り着く、大樹町・芽武という場所に〈MEMU EARTH HOTEL〉はある。地名のメムは、アイヌ語で〝泉の湧き出るところ〞という意味。もともとは、数々の名馬を輩出したサラブレッドのトレーニング場であり、日本を代表する建築家である隈研吾氏や伊東豊雄氏がその後に建てた実験住宅や、国際大学建築コンペの作品が並ぶ敷地として姿を変えてきた。それらの建築を客室として活用する計画が立ち上がり、2018年秋、スタイリッシュな建築と美しい自然を堪能できるホテルとして開業。宿泊以外にも、十勝の風土を全身で感じられるアクティビティや食を楽しめる。ホテルを取り囲むのは牧場や畑。もちろん周辺にはコンビニも飲食店もなければ、街灯の明かりすらない。スマホを見ることも忘れ、気づいたら十勝の時間に身を任せているはずだ。

馬と触れ合う時間は忘れられない思い出に。

端正な白い馬の名は「コギンジ」。リピッツァナーという品種で、優しくてとてもお利口。

十勝の広大な牧場ではたくさんの馬や牛が飼育されており、野生のキツネやリスにもあちこちで出会うことができる。ホテル敷地内の馬舎にも、4頭の馬と2頭のポニーがいる。宿泊者は、リクエストすれば、スタッフが付き添う形で10~15分ほどの乗馬体験が可能。

ハーバリウム体験は1,500円~。

また、雨の日には、ドライフラワーをガラスボトルに詰めるハーバリウム体験がおすすめ。

家族や友人へのお土産やギフトにも喜ばれそう。

植物はホテル周辺でとれたものなので、旅の思い出を家でも楽しめる。

十勝の牛や新鮮な野菜で大地の恵みを存分に味わう。

旬の野菜やお肉を堪能できる、沼田元貴シェフ特製のディナーはコース形式。

旨味が詰まった赤身肉。赤ワインとの相性抜群。

この日は、坂根牧場で育ったグラスフェッドビーフの赤身をアースオーブンで蒸し上げたメインディッシュがお目見え。敷地内で育った柏の葉に肉を包んで熱を通し、近くの歴舟川で拾い集めた石をお皿に代えて。ホテルが掲げる「資源再読」に基づき、土地の資源を楽しめる食体験だ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ