無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラフォー独身女性の現実とは?恋愛・結婚に対する心理&悩みを大解剖!

恋愛・結婚

少し抜けている女性が男性からモテるのはその心理が大きく影響しているため。隙があればあるほど『可愛い』と思われやすいのです。アラフォーと呼ばれる内に独身を脱却したい女性は、少しだけ心理的に余裕を持ちましょう。

隙を作るには、何でも完璧にこなそうという考えから解き放たれるのがポイントです。

結婚できない特徴③心理戦が得意

アラフォーになっても独身から卒業できない女性の特徴は、心理戦が得意な人です。例えば、恋愛や仕事でのコミュニケーションをとる時に、つい相手の言葉の裏を探ってしまう、本音とは違う事を言って相手がどう出るか反応を伺う特徴を持つ女性は要注意。

コミュニケーションをとる時に、相手に心理戦ばかりを仕掛けていると、結婚対象どころか恋愛対象としても見てもらえなくなりますよ。アラフォー世代になると、どうしても相手の本音と建前に目を向けてしまいがちになるもの。

ですが、アラフォーの内に独身を脱却したいなら心理戦は抑えて、反対に心理的に隙を作りましょう。

アラフォー独身女性が結婚するには

晩婚が目立つ現代だと『アラフォーくらいが結婚適齢期でしょ!』と豪語する女性も少なくないのではありませんか?ですが、アラフォー世代は人生の折返し地点に到達したようなもの。

そろそろ素敵な恋愛をして結婚を考えても良いはずです。少しでも若い内に独身から抜け出したいと考えている女性は、アラフォーと呼ばれている今の段階で行動を起こすべきです。

アラフォー女性が、独身貴族を抜け出すためのポイントを3つお伝えします。

なぜ結婚できないか考える

なぜアラフォーになるまで結婚できなかったのか…。自分に対しての『なぜ?』を考えるのは、自己分析をする上でとても効果的な方法です。なぜ独身を貫いてきたのか、その理由をよく考えてみましょう。

自分自身の事って、自分では意外と分からないものです。アラフォー世代まで独身でいたのは、自由を捨てきれなかったからでしょうか。仕事へ全てを捧げてきたからでしょうか。

どんな理由があっても時間は取り戻す事が出来ないので、なぜ結婚できないまま独身でいたのかを考え改善策を導き出しましょう。

「結婚を焦る=痛い」を改める

アラフォーと呼ばれる年代になると周囲の目を気にしないようで、実は他の世代よりもずっと気にしているもの。例えば、アラフォー女性であるあるなのが『結婚を焦る=痛いと思われる』と考えがちな心理。

アラフォーにもなって結婚を焦ると周囲に可哀想だと思われるはず、痛いと笑われるのではないか、と疑念を抱くゆえにアラフォーのまま独身でいるという現実から目を逸らそうとするのです。

アラフォーにもなると、焦らなければ結婚というゴールはどんどん遠くなってしまうだけです。『結婚を焦る=痛い』の悩みの方程式は捨ててしまいましょう。

強いこだわりを捨てる

強いこだわりを持っているのがアラフォー女性の特徴のひとつ。例えば、独身ゆえに勝手気ままに暮らす部屋にも『リモコンはこの位置』『紙製品は絶対このメーカー』という細かいルールを持っているアラフォー女性も多いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ