無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キッチン、風呂場…気になる夏の汚れ[イヤイヤ度30%]をさくっとキレイにする方法

ライフスタイル

暑い季節は、ジメジメ、ベタベタがいつも以上に気になるもの。でも、掃除に時間や手間がかかるとおっくうになりがち…。そこで「汚れの不快さと手間を表わしたイヤイヤ度」別に、掃除のプロ・日本ハウスクリーニング協会理事の髙橋敬子さんに、気軽にできるテクニックを教えてもらいました!

【汚れの不快さと手間を表わしたイヤイヤ度】

30%:不快に感じる汚れではあるものの、手間はあまりかからない。←今回はここ!

70%:汚れの不快指数も高く、掃除の手間もそこそこかかるもの。

100% :不快な汚れがたまりがちで、掃除をするのにも一苦労。

さくっと掃除するためのコツ

まずは最もハードルの低い【イヤイヤ度30%】の場所から手をつけましょう。さくっとキレイにするコツは下の2つ!

【その1:気づいたときにその箇所だけやる!】

「汚れは気づいた瞬間にその場で落としてしまうのがベスト。全部やろうとせずに、ちょこちょこキレイにするとあとが断然ラクになります」。例えば、洗面所を使ったあとに水はねを拭き取ることなどを習慣づけると◎。

【その2:掃除道具はさっと手の届く所に置いておく】

「掃除道具を出すのが面倒になると、掃除を後回しにする原因になりかねません。奥にしまったりせず、簡単に取れる場所に置くようにしましょう」。トイレなら、手洗い場の周りにカゴなどでつり下げておくと便利。

スイッチプレートが手アカでベタベタ…

→手アカには重曹水が一番!

よく触るスイッチプレートやその周りの壁は、汚れがつきやすい場所。「手アカは、重曹水で簡単に落とせます。お湯でかたく絞った雑巾に重曹5g、水100mlの重曹水をしみこませてから全体を拭いて。プレート内部は電気が通っているので、直接吹きかけるのはNG」

▲クロスに重曹水をシュッとスプレーして…

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ