無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と知らない人が多いかも《マニキュアの正しい捨て方》知ってる?

ネイル

意外と知らない人が多い!正しいマニキュアの捨て方を覚えておこう

お家でセルフネイルを楽しんでいる大人女子のみなさん、いらなくなったマニキュアってどうしてますか?もう使わなくなった古いマニキュアや、カピカピに固まってしまったマニキュアはゴミ箱行きになるわけですが…その捨て方、本当に合っていますか?

意外と知らない人も多い“マニキュアの正しい捨て方”を解説します。せっかく断捨離するのなら、正しい捨て方でさっぱりきれいにサヨナラしましょう!

こんな捨て方はダメ、絶対。マニキュアのNGな捨て方

zozo.jp

まずは正しいマニキュアの捨て方を解説する前に、今のマニキュアの捨て方が間違っていないか抜き打ちチェックです!こんな捨て方をしていたらNGですよ…!

NGな捨て方①マニキュアのビンごと”燃えるゴミ”に捨てている

使わなくなった古いマニキュアをビンのまま燃えるゴミにポイっ…これは絶対にやってはダメですよ。どの自治体でも、マニキュアは燃えないゴミに出すか、ビン・キャップをそれぞれ分別して捨てるよう指示しています。マニキュアが小さいからと言って、ビンを燃えるゴミとして捨てるのはNGです。

NGな捨て方②マニキュアの中身を残したまま捨てている

住んでいる地域によって、マニキュアのキャップ・ビンを分別して捨てるよう指示されている場合は、マニキュアの中身を処分してからでないと捨てられません。中にはマニキュアの中身を残したまま捨ててOKな地域もありますが、多くの自治体ではマニキュアの中身も捨てるよう指示しています。

マニキュアの正しい捨て方を解説

それではマニキュアの正しい捨て方を解説していきます。正確には自治体ごとに捨て方のルールが異なるので、今回は基本的な捨て方を説明します!

マニキュアの捨て方①まずは自治体ごとにマニキュアの捨て方を確認する

zozo.jp

まずはじめに、各自治体ごとにマニキュアの捨て方を確認することから始めましょう。自治体によってマニキュアの分別方法が異なるので、ホームページやお問い合わせで詳しく確認してみてくださいね。

《自治体ごとに違うマニキュアの捨て方》

捨て方パターン①
マニキュアの中身→「燃えるゴミ」
ビン→「燃えないゴミ」「空きビン」
キャップ→「プラスチックゴミ」に分別して捨てる

捨て方パターン②
マニキュアの中身を入れたまま「燃えないゴミ」として捨てる

自治体によってこんなに捨て方が違うので、お住まいの地域はどこまで分別する必要があるのかしっかり確認しておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ