無料の会員登録をすると
お気に入りができます

床のベタベタ、窓の手アカ…夏の[イヤイヤ度70%]の汚れをさくっと解消!

インテリア

暑い季節は、ジメジメ、ベタベタがいつも以上に気になるもの。でも、掃除に時間や手間がかかるとおっくうになりがち…。そこで「汚れの不快さと手間を表わしたイヤイヤ度」別に、掃除のプロ・日本ハウスクリーニング協会理事の髙橋敬子さんに、気軽にできるテクニックを教えてもらいました!

【汚れの不快さと手間を表わしたイヤイヤ度】

30%:不快に感じる汚れではあるものの、手間はあまりかからない。

70%:汚れの不快指数も高く、掃除の手間もそこそこかかるもの。←今回はここ!

100% :不快な汚れがたまりがちで、掃除をするのにも一苦労。

子どもがはだしで歩くから床がベタベタ…

→フロアワイパーの“一筆書きがけ”で すぐにサラサラ!

湿気や皮脂汚れがベタベタの主な原因。「雑巾がけをしなくても、フロアワイパーにウェットタイプのシートをつけて拭けば、充分サラサラに。そのときのコツは拭いた場所が汚れないよう、前後に動かすのではなく、くねくねと一筆書きをするようにかけて」

子どもの靴から出る砂ボコリがすごい…!

→ほうきで掃いたあと、床掃除のついでにフロアワイパーで拭くだけ

ホコリはもちろん、外からの砂が入り込み、汚れやすい玄関のたたき。「置いてある靴などをよけてから、ほうきで掃くだけで充分キレイ。泥汚れがこびりつきを防ぐにはゴミを掃き、床掃除の最後にフロアワイパーで拭くのを習慣にすれば、ラクにすませられます」

▲掃除しやすいように、たたきにあるものはげた箱にしまうか、外に出して。ホコリや砂は、ぬらす前に取ってしまうのが鉄則!

▲床掃除の最後にやればラク!

▲ちなみにドアはハンディモップで!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ