無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏の天敵”コバエ”を撃退!今すぐできる予防法と撃退法

夏の悩みの1つである、コバエ問題!どこからともなくやってきて、ブンブンと生ごみのあたりや家の中を飛び回っていてうっとうしく感じます。そのコバエ問題、今すぐ解決しませんか?目から鱗の予防法、撃退法をご紹介します。

2019年8月
ライフスタイル

そもそもコバエはどこから来るの?

夏場に発生のピークを迎える、ショウジョウバエやノミバエ。それらの総称が「コバエ」です。気づくと、家の中を飛び交っていますが、一体どこから飛んでくるのでしょうか?実は窓を開ける機会が多い夏場に外から侵入することが多いと言われています。

marcoregalia / Getty Images

そして、においにつられて生ごみなどに卵を産んで、幼虫→成虫となって飛び回るのです。繁殖力が高く、ショウジョウバエの場合、寿命1ヵ月程度の間に500個以上の卵を産むので、気づくとブンブン家中を飛んでいるという状況になるそう。

コバエを発生させない!予防法4選

maya on Instagram: “うわっ!きったな💦と、自らの限界を感じたので😂、 先日、お出かけ前の時間で排水溝や洗濯機のフィルター掃除を。  使い古しの歯ブラシでゴシゴシ磨いたり、ネットを交換したり。  目に見えない、 これぞ地味な『見えない家事』😂 …”
instagram.com

コバエ対策として初めにやらなければいけないことは、コバエを発生させないこと。予防策は案外簡単で、今すぐできるものばかりです。今すぐ試したいコバエ発生予防法をご紹介します。

1.食後は即片付け

Courtney Hale / Getty Images

食後の食器をそのまま放置することは、ニオイや汚れにコバエが寄ってきて大量発生する原因に。特に夏場は、「食べたらすぐ洗う!」を習慣にして、コバエにとって寄りにくい環境にしましょう。

2.生ごみの処理を確実に

ERI on Instagram: “センサーでフタが開閉する画期的なゴミ箱をお迎えしました~😆⤴︎⤴︎ ・ ・ 自動でフタが開閉するので中も見えないし、ごみ捨てがめっちゃ楽チン☘️ニオイも漏れにくいのでキッチン横に置いてみました⤴︎⤴︎マグネットがくっつくのでペタリしました😊2枚目に動画載せました😁 ・ ・…”
instagram.com

生ごみはコバエの大好物。1日中シンクの三角コーナーなどで生ごみを溜めておくと、すぐにコバエはニオイを嗅ぎつけてよってきます。生ごみの処理をするときは、新聞紙に包んでビニール袋に入れてしっかりと口を縛り、フタ付きのゴミ箱に捨てるのがおすすめです。

3.キッチンを清潔に保つ

mai on Instagram: “* 今日はシンク周りをpost ❁ ❁ ❁ * わが家はシンク横の立ち上がり壁との間に水切りカゴを置いていて、 そのカゴにセリアの #ボトル用水切り を付けています* *…”
instagram.com

コバエは、汚い環境が大好きです。そのため、特にコバエが多く発生すると言われているキッチンは、常にキレイにキープしておくと、自然とコバエが寄りつかなくなります。掃除の仕上げに排水口に台所用漂白剤をかけておいたら、コバエを見なくなった!という声も。(参考にされる場合は、換気には十分ご注意ください!)

4.排水口まわりをこまめに掃除する

⑅ ᴹᴬᴵᴷᴬ ⑅ on Instagram: “◌ \お風呂の排水溝掃除/ ◌ 実は久しぶりに排水溝の掃除したので 大惨事でした 𓍢 𓅼w ◌ クエン酸と重曹を使って ナチュラルクリーニング←言いたいだけw あぁ〜スッキリ◡̈⃝⋆* ◌ 夏休み長過ぎて気が遠くなります… 子供達と何をして過ごそうか…𓏲𓍢 とりあえず今日は…”
instagram.com

コバエはキッチンだけではなく、お風呂にも発生します。排水口のドロドロとした汚れが発生源となって出てきます。ですので、ヌメヌメとした汚れを重曹やクエン酸、頑固な汚れの場合は、塩素系の洗剤を使ってすっきりと落としておくと、発生しにくくなりますよ。

記事に関するお問い合わせ