無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昭和の実家は共通点が多い? 笑える“実家あるある”

ライフスタイル
www.gettyimages.com

自分の実家と夫の実家の常識の違いを痛感する帰省シーズン。義両親の好意はわかるけれど、「なぜ?」と思うような習慣に出くわすことも。
今回はそんな“実家あるある”を、口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられた声に加え、ママを応援するエッセイスト・鳥居りんこさんの笑える実話を紹介します。

こちらもおすすめ→ 義母が子育てに口を出したら...やり手妻の上手なかわし方

「田舎」で「広い」実家には共通点がいっぱい!

“実家あるある”で想定以上に多く聞かれたのが「冷蔵庫ネタ」。しかも不思議と同じような傾向があるようで…。

なぜ田舎ではたくさんの冷蔵庫を持ってるんだろう

「義実家はずっと共働きで、まとめ買いをしていた習慣が抜けず、夫婦2人なのに冷蔵庫がいつもパンパンです。しかも冷凍用と野菜用など、2人家族なのに冷蔵庫は5台持ち…なぜ???」

「何もないから買ってきて」と言われても冷蔵庫は満杯

「帰省のたびに、夫の実家へ向かう途中『何か必要な物はありますか』と電話すると『家に何もないから、好きな物を買ってきて』と言われ、あれこれ買っていくのですが…。いつも冷蔵庫は食材でパンパン。古い物も新しい物もいっぱい詰まっていて、買ってきた物を入れるスペースがない!これももう風物詩?」

5年前の賞味期限なんて当たり前

「調味料は大体5年くらい前の物で、冷蔵庫の奥に何があるのか、いつもわからない状態。賞味期限が10年前に切れたパインの缶詰を処分しようとよけておいたら、翌日の食卓に登場してビックリ!!!」

帰省するたびに、こっそり冷蔵庫の掃除

「帰省のたびに冷蔵庫を掃除してます! 『半額』と貼られたお惣菜やパンをつい買ってしまうようですが、夫婦2人なので食べきれず、冷蔵庫に入れっぱなしになるようです…」

田舎ならではのエピソードや歓待ぶりがうかがえるエピソードも。

毎回食べきれないほど、食事が出される

「夫の若い頃のイメージなのか、歓迎の気持ちなのか、いつも絶対食べ切れないほどの量の食事が出てきます。さらに、間食もちょこちょこ出てくるので、義実家にいる間、ずっと食べ続けている感じです。ありがたいけど、帰省するといつも家族全員、太るーーー」

夏は虫が、冬はすきま風が…

「夏は虫がイヤなので、蚊帳を買って私たち家族はその中で寝ています。冬は冬で、すきま風でむちゃくちゃ家の中が寒い! 冬は、必ず帰ってから誰かが風邪をひいています」

布団を出すとカメムシが現れる

「義実家は年中カメムシが飛び回っていて、気持ち悪いです。義父母は虫が食卓にいても気にしない様子。お布団を出してもカメムシが…。義母が家に来る時も、服に何かしらの虫がついています」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ