無料の会員登録をすると
お気に入りができます

背中のこりをオフ!自律神経を整える「リセットストレッチ」

KAORU /パーソナルトレーナー

美容

脊柱起立筋をゆるめる、テニスボールリリース

緊張をゆるめるリリースからスタート。みぞおちの裏(具体的には、ブラジャーのバックのホックの位置)あたり、背骨をはさんだところに、テニスボールを置き、深呼吸します。
背骨をはさんで右側にボールを置いたときは、右ひざを曲げて立てましょう。

ストレスがたまると、自律神経が集まる背骨周りにある脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の周辺がこりかたまってしまい、呼吸が浅くなるのですが、ここをほぐすことで呼吸が深くなり、体の調子も上向きになります。

また、ちょうどここは左右の肩甲骨の間なので、巻き肩になっている姿勢を矯正する効果も。
正しい姿勢に導かれることで、体の可動域が広がり、それによりボディラインも美しく整ってきます。

深い呼吸を取り戻す、うつぶせストレッチ

背中周りのこりをほぐしたら、今度はストレッチです。床に丸くうつぶせになるだけ、と簡単です。

床に正座になり、両腕を抱え、背骨を丸めます。この姿勢のまま深呼吸を5回くり返します。息を吐くときは、5秒かけてゆっくりと。背中の力を抜きますが、背中にしっかり空気を入れ込むつもりで、ぺたんとつぶさないのがコツ。

背中周りを柔軟にする、猫の動きの「キャット&カール」

さらに背骨回りをストレッチしましょう。ゆっくり深呼吸すると、自然とリラックスできますよ。

<1>
手は肩幅、脚は座骨幅に開いて、両手と両ひざを床につく。

<2>
深呼吸しながら、おへそを引き上げ、下の背骨から順々に背中を丸めます。目線はおへそに向けましょう

<3>
今度は深呼吸しながら、背骨を反らせます。背骨は下に引き込むのではなく、前(頭のほう)に伸ばすようにします。背骨が1本1本動く感覚を大事にしましょう。

体がやわらかくなれば、ストレスも和らぎます

私たちの体は、交感神経と副交感神経の、2つからなる自律神経という神経ネットワークにコントロールされています。体温や脈拍を一定に保てているのも、この自律神経のおかげなのです。
ところが、ストレスを抱えると、筋肉を収縮させる交感神経が優位になります。

「自律神経は背骨を中心に張り巡らされているので、背中周りの筋肉の緊張が続くと、背骨の動きが悪くなります。逆にいえば、自律神経のカギを握るのは背中にあるので、背骨を動かして背中周りをストレッチすることで、自律神経のバランスが整い、ストレスに強い体を作ることにもつながります」(KAORU先生)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ