無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ガッチガチに凍っててもすぐ食べられる?[セリア]アイス専用スプーンを実証実験してみた

100yen

新幹線販売のカップアイスや氷アイスなど、「キンキンの状態で食べたいのにスプーンが刺さらない!」とちょっぴりイライラしちゃうことってありますよね。

そこで、以前から気になっていたこの100均のアイス専用スプーンを手に入れました。

アイスは本当に溶けやすくなるのでしょうか…?

いくつかのアイスで実証実験をします!

・「溶けやすいアイスクリームスプーン」100円/1個(税抜き)

アイスクリームが溶けやすくなるのは「アルミの熱伝導でアイスを溶かす仕組み」のおかげだそう。

つまりスプーンを握った手の熱で、アイスが溶けるってことなんですね! ナルホド…☆

驚きなのはその軽さです。

「紙のアイススプーンより軽いんじゃ…?」というくらいに軽量。

あまり凹凸がない、ヘラ状の薄型スプーンです。

【商品スペック】

<サイズ>全長約10.5×最大幅約2.3cm

<材質>アルミニウム

・日本製

それでは実際にセリアの「溶けやすいアイスクリームスプーン」でアイスを食べてみましょう。

●検証1:井村屋さんのあずきバー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ