無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運動不足を解消するなら離島へGO! 東京の秘境、青ヶ島に行ってみた #Omezaトーク

旅行・おでかけ

FYTTE 編集部

「島が好き」と公言し、以前も八丈島をご紹介させていただきましたが、改めて島旅のよいところをお伝えさせていただきますと、

八丈島

●景色がいいのでウォーキング(ときどきランニング)が楽しい!
●食事がヘルシー
●非日常的な空間に身を置くことでリラックスできる
●コンビニがあまりないのでムダ買いをしない
●規則正しい生活ができる

などが挙げられます。私の場合は、ふだん生活が乱れがちで、油断すると運動不足になりやすいので、島に行くと半ば強制的に「健康的な食生活」と「規則正しい生活」を送ることができ、さらに「運動不足」も解消されます。

とくにそれを実感できたのが、東京・伊豆諸島にある「青ヶ島」を旅したときのこと。といっても、そもそも「青ヶ島ってどこ?」と思われる人が多いのではないでしょうか。
それもそのはず。日本一人口が少なく、日本一行くのがむずかしいといわれている島なので、青ヶ島出身という人に出会うことも、青ヶ島に行ったことがあるという人も少ないのです。

「青ヶ島」は東京都青ヶ島村のことで、世界的にも珍しい二重カルデラを持ち、断崖絶壁に囲まれた不思議な地形が特徴です。「鬼ヶ島」のモデルにもなったともいわれています。

青ヶ島への交通手段は、八丈島からヘリコプターまたはフェリーの2つ。フェリーの就航率は50~60%と、ほぼ半分欠航になるので難易度は高め(笑)。一方、ヘリコプターの就航率は80~90%と高いものの、座席が9席しかないため、チケットを取るのがたいへんです。搭乗日の1か月前の同日朝9時から購入できるのですが、とにかく電話がつながらない。Web予約も可能ですが、受付開始が12時からなので、その時点で完売していることが多いようです。私の場合は、朝9時から根気強く電話をかけまくり、20分後に運よくつながってラスト3席で予約することができました。さらに、経由する八丈島も飛行機が頻繁に「条件付き運航」になるため(欠航率が高いという国土交通省のデータあり)、とにかく行くことがむずかしい。それでも、行くだけの価値はあると思います。

そんな「日本一行くのがむずかしい」といわれる青ヶ島の魅力をいくつかご紹介しましょう。

1)島内の道はほとんどが坂道なので運動量が増える

青ヶ島の道は、ほとんどが「坂道」です。島には鉄道も路線バスももちろんなく、自動車免許を持っている人はレンタカーで移動すればなんてことはないのですが、私のように免許を持っていないと歩いて移動するしかなく、これがなかなかきつい! ちなみに、自転車は余計にたいへんだそうで、レンタサイクルはありません。

とにかく、青ヶ島はどこまで行っても、坂、坂、坂。
しかも、緩やかではなく、そこそこ急勾配といえるような坂道ばかり。

平地よりも坂道でのウォーキングのほうが、筋力がアップしたり、カロリー消費量が増えたりするほか、お腹まわりの引き締めや体幹の強化など、健康や美容にいいといわれています。村の人たちからは「かなり急な坂道ばかりだから、歩くのもほどほどにしないと、あとから腰やひざにくるよ」とアドバイスをいただいていたのですが、美しい景色に見とれて20km近く歩いてしまい…翌日からひどい筋肉痛に(涙)。
何ごともやりすぎはよくないですが、美しい景色を眺めながら歩けるので、まったく苦にならず、むしろ楽しい! おまけに自動車もほとんど通らないので、のんびり、ゆったり、まったりと自分のペースで歩けるのもいいです。

2)美しい景色が心身をリフレッシュさせてくれる

青ヶ島の魅力はなんといっても美しくてスケールの大きい絶景が見られるところ。写真とともにいくつかご紹介します♪

島の最高峰「大凸部(オオトンブ)」の展望台から見たカルデラの内側。世界的にも珍しい二重カルデラは圧巻! 今まで見た絶景と呼ばれるもののなかでも、もっともインパクトが強かった気がします。世界遺産に認定されているわけではありませんが、匹敵するほどの壮大なスケールだと思います。
このあと、カルデラの中央にある火山「丸山」の麓まで歩いて行きましたが、かなり遠かった…。

こちらは、カルデラ外側の山道から見た景色。どこまでも続く、青い海と青い空。爽やかな気分になれます。観光客もほとんどいないため(笑)、この景色を独り占めできるのもいい。15分ほどぼ~っとして海を眺めていましたが、時間があれば何時間でもいたかったほど。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ