無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この子、言葉遣いがキレイだな♡気になる彼が好印象を抱く「会話テク」4つ

恋愛・結婚

今回は、男性から好感を抱かれる会話テクをこっそり紹介していきます。

これらをマスターできれば、気になる彼との仲は急接近するかも!?
さっそく気になる詳細を覗いていきましょう。

(1)正しい敬語を意識する

『敬語を正しく使える人って好印象ですね』(28歳/人事)

敬語は正しく使ってこそ、本来の効果を発揮します。
謝って使えば、返って幼稚さが浮き彫りになってしまうので、これを抑えることは非常に大切なのです。

とくに謙譲語や尊敬語を重ねる二重敬語は、無意識のうちに使ってしまいがちなので注意しましょう。

(2)若者言葉や略語は避ける

『若者が使うような言葉を頻繁に使ってると、ちょっと子どもっぽいな……って思ってしまう』(30歳/建築)

若者言葉や略語を大人の女性が使うのは、NGです。
うっかり口に出してしまうと、あなたの印象は悪い方へと大きく傾いてしまうかもしれません。

いきなり修正することは難しいので、しっかりと日頃から正しい言葉遣いを意識しておきましょう。

(3)ハキハキと話す

『もごもご喋る子より、ハキハキ喋る子の方が印象いいよね』(27歳/SE)

もごもごと口篭ってしまうと、せっかくの綺麗な言葉遣いが台無しになってしまいます。

そのため言葉選びだけではなく話し方にもしっかりと気を配らなければなりません。
ハキハキと聞き取りやすい声で話すよう意識して、気になる彼に好印象を抱かせましょう。

(4)標準語を使う

『方言も可愛いけど、ちょっとキツく聞こえるときもあるから、基本的には標準語の方が話しやすいかな』(29歳/広報)

親しみがあると言われている方言ですが、人によってはキツく感じたり馴れ馴れしく感じたりすることもあります。
これらのことから、なるべく標準語で話すように努めることも大切です。

地域によっては言葉だけではなくイントネーションにも違いがあるので、注意しましょう。

当たり前なことを意識するだけでも、綺麗な言葉遣いにグッと近づくことが可能です。
男性は言葉遣いが綺麗な女性に惹かれるので、上記で紹介した項目を意識しない手はありません。

正しい言葉遣いや丁寧な言葉遣いを活用して、気になる彼との距離を一気に縮めちゃいましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ