無料の会員登録をすると
お気に入りができます

世界で一番幸せな国♡あの“水”で有名な「フィジー」が気になる!

「フィジー」という南国の島をご存じですか?聞いたことはあるけどどこにあるのかは知らない、という方も多いはず。実は、東京から直行便が飛んでいる行きやすい楽園です。今回は、“世界で一番幸せな国”とも言われる南国フィジーをご紹介します。

2019年8月
旅行・おでかけ

「フィジー」ってどんな国?

lekcej / Getty Images

フィジーは、オーストラリアの東側に位置する小さな島国。常夏の国で、とても美しいビーチが広がっています。

世界で一番幸せな国

Reniw-Imagery / Getty Images

フィジーは、世界幸福度ランキングで過去に何度も一位に輝いており、「幸福の国」と言われています。時間がゆったりと流れ、誰もが笑顔になれる癒しの場所です。

直行便で行きやすい!

Photo by Alec Douglas / Unsplash

東京からはフィジーエアウェイズが就航していて、直行便で成田からナンディという街まで8時間半程度で到着します。時差は日本より3時間進んでいるだけなので、時差ボケすることなくたっぷり楽しめますよ。

フィジーおすすめの見どころ

島々をめぐる「アイランドホッピング」

Pan Crystalice / EyeEm / Getty Images

フィジーへ行ったら、ゆったりと美しい海を堪能してみませんか。マリンスポーツを楽しむのはもちろん、美しい島々をめぐる「アイランドホッピング」をして過ごすのもおすすめです。ぜひ足をのばしたい島々を紹介します。

1. 小さなリゾート島「マラマラ島」

courtneyk / Getty Images

マラマラ島は、1周歩いて15~20分程度の小さな島ですが、島全体がビーチクラブ(ゆったりと過ごせるよう整備されている施設)になっていて、美しい海だけでなくプールも楽しむことができます。ここで提供されるお料理は有名シェフが監修しており納得のお味なんです。

2. 「クアタ島」でサメとスイム

サメがみられるダイビングスポットもフィジーにはありますが、ダイビングのライセンスがなくてもサメと泳ぐことができるシュノールツアーもおすすめです。

Photo by Jakob Owens / Unsplash

クアタ島では、沖でグレイリーフシャークなど比較的おとなしい1~2メートルほどのサメを間近で見ながら泳ぐことができます!海も透明度が高く、島自体も自然あふれる独特の地形を有していて異国感たっぷりです。

3. 映画の舞台にもなった「モンドリキ島」

valio84sl / Getty Images

トム・ハンクス演じる主人公が飛行事故に遭い一人で無人島に漂着する、という映画「キャスト・アウェイ」の舞台となったモンドリキ島。帆船で島まで向かうツアーもあり、本当に冒険に出ているような気分になれます。

美しいサンセットも見逃さないで

nevodka / Getty Images

刻々と変わるサンセットの空の色は、まばたきも忘れるほどの美しさです。ゆったりと流れる時間の中で、のんびりと日が沈んでいくのを眺めながら「何もしない贅沢」を味わってみませんか。

満天の星も必見

PietroPazzi / Getty Images

美しいサンセットのあとには、満天の星が広がります。ゆっくりとディナーを楽しみながら星空を眺めて、ロマンチックな癒やしの空間に身を委ねてみてください。ドラマチックで非日常的な光景は、忘れられない思い出になること間違いなしです。

フィジーに行ってみたい♡

@57__ra on Instagram: “fiji water🌺 . #hawaii#aloha #beach #trip #fiji #fijiwater #kurashiru #instahawaii #ハワイ #アロハ #常夏 #ラニカイビーチ #天国の海 #ビーチ #海 #海外 #海外旅行 #旅行 #ハワイ旅行…”
instagram.com

まだまだ知名度が高くないフィジー。人が少ないうちに足を運んで、美しい自然と「幸福の国」を楽しんでくださいね。おみやげはもちろんフィジーウォーターで!

記事に関するお問い合わせ