無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちっちゃな意識で劇的変化!うまくいく夫婦のコミュニケーション術10選

2019年8月
恋愛・結婚

夫婦仲を良くしたい、は誰もが思うこと

大切なのは“ちっちゃな意識”の変化

人生のパートナーでもある夫婦。一緒に過ごす時間が長いからこそ、居心地が良いときもあれば、ぶつかってしまうこともあるでしょう。それでも大切な人とはなるべく仲良く過ごしたいですよね。

Photo by Becca Tapert / Unsplash

大切なのはコミュニケーションにおける“ちっちゃな意識”。小さなことでも意識を変えれば、こじれていた関係も劇的に変化して、もっと良い関係になれるはず。そこで夫婦仲を良好にするための、コミュニケーション術をご紹介します。

夫婦のコミュニケーション術10選

1. やってあたりまえ→小さなことにも感謝

日常を共に過ごす二人。いつの間にか、自分がやっていることも、相手にやってもらっていることも、つい“あたりまえ”だと感じてしまうように…。“あたりまえ”と思っていると、それができなかったときに「なんで相手はできないんだ」ともやもやしてしまうかも。

Vasyl Dolmatov / Getty Images

例えば、自分が担当の家事や仕事、日常での相手への気遣いなど…。本当はパートナーを想っているからこそできることばかり。“あたりまえ”ではありません。相手がしてくれたことには、どんな小さなことでも感謝をするようにすると、もやっとすることもないはずです。

2. 感情的に怒る!→怒った理由を説明する

腹が立つことがあったとき、感情的に怒ってはいませんか?ただ感情をぶつけるだけでは、あなたの思いは伝わりません。ただし、怒るなという意味ではありません。怒りは誰もが持つ感情です。大切なのは伝え方です。

Westend61 / Getty Images

まず、「どうして怒ったんだろう」と自分で考えてみましょう。嫌な気持ちになった、悲しくなった、傷ついたなど怒った理由に気づくはず。

Aja Koska / Getty Images

自分で気づいた“怒った理由”を説明すれば、相手も自分を理解し、一緒に改善方法を考えられます。何度も同じことで怒ることも減るでしょう。二人ともイライラせず、居心地の良い関係を築いていけるはず。

3. 自分のことは自分で→相手に頼むのもあり

自立した大人同士なので、「自分のことは自分でやる」という意識はたしかに大切です。ただし、何でも自分で抱えてキャパオーバーになってしまうと、結局はつらいだけ。責任感が強い人ほど、自分一人で抱えてしまいます。

Westend61 / Getty Images

大変なときにこそ支え合うのが夫婦のはず。つらいときは頼って良い相手なのです。自分が大変なときや、相手が得意なことであれば頼りましょう。今度は自分が頼られて、支えれば良いだけ。苦しみは分かち合い、軽くしましょう。

記事に関するお問い合わせ