無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“真のコスパ狙い派”が買うべきは、スティックよりこっち説

ライフスタイル

コードレススティック掃除機が全盛の時代ですが、何げに従来タイプの「キャニスター型掃除機」も根強い人気があります。という訳で、あらためてキャニスター掃除機の魅力を掘り起こしつつ、注目のモデルをご紹介したいと思います!

青山 卓弥/Test by 家電批評編集部

「VC-NXS1」の充電スタンドには「ダストステーション」が付属。充電スタンドにセットすると、ヴオォーッという音とともに本体の中のゴミがダストボックスへと吸い込まれます。

サイクロン式はこまめにゴミを捨てる必要がありますが、これなら幾分かゴミ捨ての回数を減らせます。

長く使えるタフモデルなら「ミーレ」という選択肢も!

ミーレ
SDCO 0 OB Clean Meister
実勢価格:6万4800円
サイズ:W250×H230×D430mm
重量:約4.5kg(本体のみ)
集塵方式:紙パック式

ショップで見る

三菱、東芝とたて続けに国内メーカーの製品を紹介してきましたが、今度はドイツのメーカー「ミーレ」の製品です。

日本では取り回しのいい軽量モデルがいろいろと出ていますが、コチラはかなりの重量級。持ち上げて使うのにはあまり向きませんが、パワーとタフさに関しては折り紙つきです。さらにインテリア性もバツグン!

ゴミが飛び散らない紙パックや、HEPAフィルターを含む3段階フィルターなど、清潔さへのこだわりも見逃せないポイントです。

重くて、価格も決して安くはありませんが、長く使えるタフな掃除機を求めている方にとってはミーレという選択肢も“アリ”なのではないでしょうか。

ダイソンの変わり種ももちろん注目品です

ダイソン
Small Ball
実勢価格:3万4980円
サイズ:W280×D360×H806mm
重量:4.84kg
集塵方式:サイクロン式
ヘッドタイプ:パワーヘッド

Amazonで見る

最後にダイソンの変わり種をご紹介したいと思います。

「Small Ball」はアップライト型と呼ばれているもので、キャニスター型掃除機の仲間に入れていいのかどうかは謎ですが、ダイソンの代名詞とも言えるコードレススティッククリーナーとは明らかに異なる製品なので、ここで紹介させていただきます!

ダイソンV8と吸引力の比較してみたところ、Small Ballは約5倍のゴミを吸い取って段違いのパワーを見せました。コチラは充電式ではないので、常にMAXの吸引力を維持できます。

また、重心が地面に近い部分にあるので、アタッチメントをつけることで高い場所の掃除もラクに行えます。こういった特徴はキャニスター型掃除機に近い感じがしますね。

ダイソンが気になるけど「スティック型ってどうなんだろう?」と思っている方は、一度「Small Bal」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、キャニスター掃除機の選び方とおすすめモデルのご紹介でした。

スティック型が主流の時代ですが、キャニスター型にも何気に逸品がたくさんあります。掃除機選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

なお、掃除機の吸引力が落ちてきたな……と思ったらコチラの裏技をどうぞ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ