無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本でしか食べられない!海外発スイーツ店が作る日本限定メニュー5選

グルメ

海外を本場とするスイーツ店がどんどん日本に店舗をオープンしていく昨今。中には日本の店舗のためだけに開発されたオリジナルメニューを展開しているところもあります。今回は、注目が集まる海外発スイーツ店の日本限定メニューをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

1.パリ発!日本限定ソフトクリームはチョコ好き歓喜の垂涎モノ!〈HUGO & VICTOR 銀座マロニエゲート2店〉/銀座

パリで人気のショコラティエが手がける、日本でしか味わえないスペシャルなソフトクリームが登場。

「チョコレートソフトクリーム マカロン付き」600円

「チョコレートソフトクリーム マカロン付き」は、カカオ70%のビターチョコレートを使用し、上質なカカオ感とキレのある酸味を堪能できる大人のための味わい。スッキリした後味なので、この季節にピッタリ。パリから空輸されたマカロン(味は日替わり)も楽しめておトク。

(Hanako1138号/photo: @6151 text : Mikiko Okai)

HUGO & VICTOR 銀座マロニエゲート2店
有楽町駅/銀座一丁目駅/銀座駅

HUGO & VICTOR 銀座マロニエゲート2店

2.パリ発!人気ショコラティエ〈パスカル・ル・ガック東京〉の世界2号店が東京・赤坂に。/赤坂

「サロン・デュ・ショコラ」やイベントでしか食べられなかった〈パスカル・ル・ガック〉の味が、いつでも食べられるようになりました!今年1月にオープンした東京店では、本店から直輸入したボンボンやマカロンを味わえます。外観は、サン=ジェルマン=アン=レーにある本店に似せたそう。

「チョコレートフォンデュ」季節のフルーツでカラフル。塩気のあるチョコの棒も、いいアクセント。1,500円。

イートインもできる東京店では、日本限定メニューが登場。チョコレートフォンデュは、旬のフルーツを温かいガナッシュにつけていただきます。フルーツの酸味とチョコの甘みが相まって、幸せ〜。

「ショコラショー ビター」シナモンとの2種。季節により、冷たい「ショコラフォア」に。1,000円。

ショコラの風味がしっかりとしたショコラショーは、泡立てた生クリームを入れると少しまろやかに。これまで日本では買えなかったケーキ類も登場し、ますます気になります。スイーツマニアとしては、いつか本店にも行ってみたい!

〈パスカル・ル・ガック東京〉
海外初出店。イートインメニューは、〈ノリタケ〉とコラボした食器で提供。
■東京都港区赤坂2-12-13
■03-6230-9413
■10:00~20:00(土祝~18:00)日休
■12席/禁煙

(Hanako1171号掲載/text:SweetsOL nari photo:Chihiro Oshima)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ