無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝起きたら倦怠感!?医師が伝授する夏の“朝バテ”解消法

ライフスタイル

アンケート調査でわかった!「1番疲れを感じるのはいつ?」

www.shutterstock.com

1日の中で1番疲れを感じるのはいつでしょうか。

仕事から帰宅したとき?それとも残業中?やっぱり1日終わって寝ようと思う時でしょうか?

myreco.me

ネオマーケティングによる、20歳以上の男女を対象にした『疲労対策に関する調査』では、「朝起きた時に1番疲れを感じる」と答えた人が43.2%と約半数にも上り、朝に疲れを感じる人が1番多い時間帯だと分かりました。

しっかり睡眠をとっているのに朝起きた時に疲れを感じるのは、“朝バテ”になっているのかもしれません。“朝バテ”を解消するためには、睡眠の質をアップさせることがとても大切です。

“朝バテ”の理由は睡眠不足!夏はぐっすりと眠っていない?

www.shutterstock.com

しっかり眠れているようで、睡眠不足になりがちなのが夏。調査結果を見ても、他の季節に比べて睡眠時間が短いという報告が出ています。

myreco.me

その理由の1つは「暑さ」。昨今の猛烈な暑さに悩まされる日本では、室内にいても寝苦しいと感じる人が増えてきています。

眠れているようで眠れていない、夏の睡眠を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

“朝バテ”対策に!眠りやすい環境を整える3つの方法

質の高い睡眠をとって“朝バテ”にならないようにする方法を、医学博士で池谷医院院長でもある日本循環器学会循環器専門医の池谷敏郎先生に伺いました。

www.shutterstock.com

冷房を味方に快適な眠り空間を作り出して

体を冷やしすぎることは良くありませんが、部屋を程よい温度に保って良い眠りを確保することが大切。

エアコンのタイマー設定を活用したり、エアコンと扇風機のダブル使いをする選択肢もあります。エアコンと扇風機のダブル使いをすれば、冷気を一か所に留めることなく、部屋全体に行き渡らせることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ