無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ボディクリーム、上手に使えてる?付け方次第で保湿力&香りもアップ♡

美容

ボディクリーム適当に塗ってない?

乾燥する季節はもちろん、それ以外の季節でも使用している人が多いボディクリーム。でも、化粧水などと違って、なんとな〜く塗っている人もきっと多いと思うんです!

つるすべ肌を目指すなら、適当に使うのはNG。使うタイミングや量、塗り方をしっかりとおさえることで、ボディクリームの効果をより高めることができるんですから♡今回は意外と奥が深いボディクリームについて、正しい使い方や香りが持続する付け方…など、気になるポイントをまとめてみましたよ。

効果をアップ!ボディクリームの正しい使い方をおさらい

はじめに保湿効果がアップする正しい使い方をおさらい。「適当に塗っている」という人は、まずここから見直してみて!

塗るタイミングは〈お風呂上がりすぐ〉がベスト

ボディクリームを使う際に意識して欲しいのが、塗るタイミング。お風呂上がりや寝る前など色々と言われているけど、正解はお風呂上がりすぐ。体をさっと拭いて、軽く濡れている状態で塗るのがベストです。

肌の乾燥は身体を拭いた瞬間からはじまっているので、それを防ぐためにも時間をおかずケアすること。また温まった肌に塗ることで、ボディクリームの成分が肌に浸透しやすくなるんです。

塗る前に〈手のひらで温める〉

直接肌に塗るのではなく、一度100〜500円玉サイズを手に取り、両手のひらで温めてから塗ることで効果アップ!

化粧水を付ける際も、温めてから使う”ハンドプレス”が効果的とされていますが…。ボディクリームも同様で、人肌程度に温めてから使用することで、肌に成分が浸透しやすくなるんです。適量は使うボディクリームによって異なりますが、肌がしっとりするのを目安に、調整するようにしましょう。

こするのはNG。くるくると〈優しく塗り込む〉

ボディクリームを塗る際は、ついすべらせるように塗りがち。ですが、より効果を高めたいなら、くるくるとマッサージしながら優しく塗り込むのがポイント。というのも肌には目には見えない”細かいシワ”が無数にあるので、普通に塗っているだけだと、シワの内部まで成分が行き届かないんです。

もちろん、ゴシゴシと擦り付けるように塗るのもNG。擦り付けた際に起こる摩擦が肌へのダメージとなり、乾燥や赤みなどのトラブルを引き起こしてしまうので注意しましょう。

より保湿効果を高める使い方とは?

正しい使い方を押さえた上で、「より効果を高めたい」というときには次の3つの方法を試してみるのがおすすめ。実践すれば、憧れのぷるふわボディも夢じゃないかも!?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ