無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疲れを溜めないで♡原因別のケアをしよう!すぐできる「肩こり解消法」

2019年9月
ビューティ

なんだか身体がだるい...

「肩が凝って辛い」「たくさん寝ても疲れがとれない」とお悩みではありませんか?実は、夏から秋に変わる季節の変わり目は、夏の暑さや紫外線の蓄積ダメージで疲れの出やすい頃なんです。

Nattakorn Maneerat / Getty Images

そこで今回は、辛い肩こりを解消するための対策を紹介いたします。アラサー女子の肩こりの主な原因は姿勢・目疲れ・冷え・ストレスによるもの。自分にあった原因に合わせて、しっかり対策してみてくださいね♡

1. 姿勢を整えよう

片脚重心に注意しよう

ヨガ ピラティス トレーナー 西口のぞみ on Instagram: “♡気をつけたい立ち姿勢♡#1分姿勢解説 今日は立ち姿勢♪ 日常の姿勢がスタイルを作ると思ってる😋 - 片脚に体重かけてる人は気をつけてみてー☺︎☺︎ そしてバックもどっちかで持つ癖がある人🙌 リュックがおすすめだよ☺︎ 私も最近はもっぱリュック♪…”
instagram.com

電車の中や信号待ちしている時など、片脚に重心をかけていませんか?立ってる時は、お尻に力を入れると自然とキレイな姿勢をとることができます。また、毎日同じ肩や腕でバッグを持つ癖がある人も気を付けて。

デスクワークの姿勢に注意しよう

ヨガ ピラティス トレーナー 西口のぞみ on Instagram: “♡疲れやすい人♡#1分ヨガ解説  デスクワークや勉強してると疲れやすい人は、 ペンを強く握ったり筆圧が強かったりすることが😂 というか私がそうだった💦 - 集中すると机と目が近かったり眉間にシワがよったり💦 そんな人も疲れやすいよーー 心当たりがある人、気にしてみてね😋💕…”
instagram.com

パソコンを使った仕事や書き物をしている時は、つい手先や肩に力が入りがちに。頭を前に突き出した前かがみの姿勢は、首や肩に大きな負担がかかります。できるだけリラックスすることを心がけて。

スマホ姿勢に注意しよう

ヨガ ピラティス トレーナー 西口のぞみ on Instagram: “♡ケータイ見るとき♡#1分姿勢解説 普段私が気をつけてること。 レッスンで伝えてるよー♪ インスタでは要望ないけど…勝手にシリーズ化🙄🙄 - 電車の中、ついケータイ触っちゃうの。 だからこんなの意識してるよー ▶︎深く座ると骨盤が立ちやすく少しは背筋が伸びる…”
instagram.com

座りながらスマホを見ている時、どんな姿勢をとっていますか?首を下に向けた姿勢を続けると肩こりだけでなく、猫背やストレートネックの原因にもなります。なるべく、スマホを高い位置で持ち、目線を上げましょう。

座り姿勢のポイント

ヨガ ピラティス トレーナー 西口のぞみ on Instagram: “♡工夫して姿勢良く♡#1分姿勢解説  みなさん、1日お疲れさまでしたん☺︎ 久々の姿勢編ーー♪ 日常の姿勢がスタイルを作ると思ってます🙌 少しでも背骨を伸ばすための工夫を紹介するねー♡ - クッションや座布団を使って。 座布団の上にお尻だけ乗せるの私もやってるよー…”
instagram.com

気を付けていても、きちんとした座り姿勢をとれない人は、タオルやクッションを使ってサポートするのもオススメ。お尻の下に敷いたり、腰と背もたれの間に挟んだりすることで、自然と骨盤が立った姿勢が叶います。

2. 目疲れは予防が大事

1時間に10分の休養を

fizkes / Getty Images

スマホやPCは、仕事にも日常的にも不可欠なものになりつつあります。しかし、長時間ディスプレイを見続けていると、目に大きな負担がかかります。1時間に10分の休憩をとるように心がけましょう。

ドライアイ対策を

galitskaya / Getty Images

スマホやPC使用に限らず、何か作業に集中している時も瞬きの回数が減ってしまうのをご存知ですか?ドライアイは疲れ目の原因になります。症状に合わせた成分入りの目薬で、しっかりアイケアをしましょう。

ブルーライトカット対策を

filipw / Getty Images

最近は「ブルーライトカットメガネ」もお洒落なデザインが豊富にラインナップ。ZoffやJINSなどでは5000円程から手に入れることが可能です。軽いフレームを選ぶと、着用時のストレスも減らせます。

3. 身体を冷やさない

冷えない服装を

Mima88 / Getty Images

夏場はノースリーブやデコルテが開いた服装が多くなりがち。室内の冷房で肩や首が冷えることも、肩こりの原因に。職場や電車の中では、カーディガンや薄手のストールなどで冷房対策をしましょう。

お風呂につかろう

Hero Images / Getty Images

冷房のきいた部屋で長時間過ごすことが多い夏こそ、お風呂に入ることが大事です。全身の血行が良くなり冷え性改善、むくみ解消にも◎。夜の寝つきも良くなるメリットも。

効果絶大!肩甲骨ほぐし

instagram.com

肩甲骨回りをしっかりほぐして、冷えにくい身体づくりをしましょう。肩こり解消にはもちろん、腰痛対策にもなります。オフィスでもできる簡単ストレッチなので、休憩時間などにぜひ実践してみてくださいね。

4. ストレスを溜めない

軽い運動をする

nortonrsx / Getty Images

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、肩こりの原因に。適度に身体を動かして、ストレスを上手に発散させましょう。ストレッチやウォーキングなど、軽い運動なら取り組みやすいはず。

趣味を楽しむ

Hero Images / Getty Images

趣味を楽しむ時間を持つこともストレス解消に。音楽を聴いたり本を読んだり、自分の好きなことに没頭してみましょう。緑から癒しをもらえ、成長の過程も楽しめるガーデニングもおすすめです。

深呼吸をする

instagram.com

どこでもできるストレス解消法が「深呼吸」です。疲れている時だけでなく、イライラが止まらない時にもおすすめです。ぜひ、腹式呼吸でストレスコントロールしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ