無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ま、後でいっか。先延ばし癖をやめたい人がすべき8つのこと

2019年8月
ファッション
jacoblund / Getty Images

そして先延ばし癖がある人は、寝る時間も先延ばしにしがち。睡眠時間が短くなれば、やはり頭が働かず作業が遅れて、また睡眠を先延ばしにして…と悪循環です。まずは睡眠をしっかり取ることから始めましょう。体調を整えて頭がスッキリすれば、意欲的に取り組めます。

⑧予定に入れて、習慣化する

身につけば簡単には終わらない

物事を後回しにしてしまうのは、先延ばし癖がついてしまったから。それなら逆に、やりたくないことでもやる習慣が身につけば、嫌だと感じる前に体が動くようになるはず。

Photo by Renáta-Adrienn / Unsplash

そこでやるべきことを先回りして予定に組み込みましょう。「朝起きたら必ずやる」「始業して5分取り組む」「帰宅してすぐに」。ルーティーンとして何度も繰り返せば、習慣化して、先延ばし癖も改善するはずです。

やるべきことは今すぐやる!

Hero Images / Getty Images

やり方や意識を変えることで、つい先延ばしにしてしまうことも、今すぐに取り組むことができます。やるべきことにすぐに取り組んで、作業をスムーズに進めましょう。

記事に関するお問い合わせ