無料の会員登録をすると
お気に入りができます

節約女子の生活習慣!プチ浪費をなくしてやりくり上手さんに

2019年9月
ライフスタイル

節約女子的な生活習慣

twomeows / Getty Images

できるならファッションや美容、趣味や好きなことにもっとお金をかけたいですよね!しかしきちんとお金をやりくりしているつもりでも、お金がなかなか貯まらない…なんてことはありませんか?

Nattakorn Maneerat / Getty Images

もしかしたらあなたの生活習慣のなかに「うっかり浪費」が隠れているのかも。節約女子の生活習慣から、ちょっとした浪費を防いでお金を貯めるためのヒントをご紹介します♡

①ちょこちょこ買いをやめる

d3sign / Getty Images

気付けば毎日コンビニやスーパーでお金を使っていませんか?少額でも塵も積もれば山となって家計を圧迫していきます。

d3sign / Getty Images

スーパーマーケットやコンビニなどちょこちょこと少額でもお金を使ってしまいやすい場所では、1週間それぞれの場所で使える金額を設定してやりくりするのがお勧めです。

Patcharanan Worrapatchareeroj / Getty Images

例にすると、1週間スーパーでは3000円だけ、コンビニでは3500円だけ使う。と言ったようにです。またこのときの値段設定はストレスのない範囲を目標にすることがポイントになります。

Hero Images / Getty Images

少額での買い物は出費を意識しにくいもの。また最近はキャッシュレス化が進んで、これまでより一層、お金を支払っている意識が薄れがちです。

Virojt Changyencham / Getty Images

自分が1日のうちにいくらお金を使っているのかを認識することが、節約への第一歩。だいだいの自分のお金の使い方がわかったら、今度はそこから無理のない範囲で節約してみましょう。

george tsartsianidis / Getty Images

こうした少額の出費を減らしていったことで、大きな節約になる人もいるので侮るなかれ。コンビニなどに行く回数を減らすのも効果的な節約につながるのでお勧めですよ♡

②ランニングコストの見直し

byryo / Getty Images

交際費を節約したり、職場のランチを全部手作りのお弁当にする…なんていうのは理想ではあっても、実際には簡単に出来ない場合だってありますよね。

Prapass Pulsub / Getty Images

節約は生活に無理がない範囲で行うのが鉄則。ダイエットと同じで、極端な節約は長続きしにくいものです。こんなとき、そこで見直したいのがランニングコストです。

evrim ertik / Getty Images

家賃や電気料金など光熱費、さらに携帯などの通信費です。最近では光熱費や通信費などは、会社の乗り換えやプランの見直しによって、大きく値下がりする場合があります。

d3sign / Getty Images

毎月定額の出費になるものだからこそ、安いに越したことはない!月々のプランの見直しをしてみましょう!

③マイボトルでエコでオシャレな節約

𝓟𝑜𝒸𝑜 on Instagram: “. スタイリッシュで高機能なマイボトル @flsk.japan   子連れで出かけても ぐびぐび飲めるように750ml にしたよ! 炭酸やアルコールも入れられるみたい👏🏻  可愛すぎて 他のサイズも揃えたい~𖠚ᐝ✨   #置き画くら部 #マイボトル…”
instagram.com

最近エコで経済的という理由から、改めてマイボトルが注目されています。一杯分のコーヒーやお茶を入れて保温・保冷できるタンブラー型や、1L以上の大容量まで、オシャレなサーモマグが続々登場しています。

mi on Instagram: “.
スタイリッシュでカッコいいボトル。
お出かけする時の必需品🥛
@flsk.japan 
_____________
#flsk#bottle#tumbler#フラスク#ボトル#タンブラー#水筒”
instagram.com

マイボトルを持つことでゴミが減り、コンビニやカフェに立ち寄る回数を減らすことができるため毎日の節約につながります。

HELLO【ハロ】 on Instagram: “・ ・ 2018-04-14 ・ ・ き、きたー😆 ・ でも…なんかちょっとクリーム色…? 仕様? ・ ちょっと、テンション下がる😓 真っ白だと思ってた😣 ・ ・ ・ #デザインレターズ  #デザレタ  #designletters  #サーモボトル  #水筒  #モノトーン…”
instagram.com

意識の高い大人の女子ほど、今はサーモマグを持ち歩いている時代。是非お気に入りの一本を見つけて、節約につなげてみましょう♡

賢い節約で無理なく貯金♡

takasuu / Getty Images

いかがでしたか?少しの出費を抑えることが、節約の鍵となります。是非トライしてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ