無料の会員登録をすると
お気に入りができます

増税前に確認したい!基本事項やお得情報をまとめて紹介♡

2019年9月
節約・マネー

増税前にやるべきことって?

takasuu / Getty Images

10月から消費税が増税される予定です。いよいよ目前に迫ってきましたよね。とはいえ、軽減税率制度やプレミアム付商品券のニュースなど情報がたくさんあって、どうすれば良いのかわからなくなっていたりはしませんか?そこで今回は「基本事項」・「お得な情報」・「買うものと買わないものを判断の仕方」にわけて紹介します♡

まずは増税の基本事項をチェック

①飲食料品や宅配・テイクアウトは8%

Tom Werner / Getty Images

これまでの増税と今回の消費税の引き上げで一番異なるのは、「酒類を除く食品」では、消費税は8%のままであるということです。つまり、食品は買いだめしなくてもOK。今まで通りの価格で買うことができますよ!

Koji Hanabuchi / Getty Images

ちなみに、アルコール1%以上だと酒類に分類されるので、料理酒などは10%になります(食品に分類される料理酒もあります)。また、宅配・テイクアウトは8%のままですが、給仕等の提供がある場合は「ケータリング、出張料理」に該当するため10%になります。

②日用品は10%に

PORNCHAI SODA / Getty Images

ティッシュなど、日用品は税率が一律10%になります。そのため、今のうちに必要なものについては買いだめが必要です。ドラッグストアなどで購入できる栄養ドリンクは、医薬品、医薬部外品のものは10%です。

増税後は還元をフル活用!

①子育て世帯はお得な商品券が購入可能

d3sign / Getty Images

住民税非課税の方、小さな乳幼児のいる子育て世帯では、プレミアム付商品券を購入可能。子ども一人につき、最大2.5万円分の商品券を2万円で購入できます。それに伴って、各自治体に申請等が必要です。

Michael H / Getty Images

また、購入したプレミアム付商品券の使用は、2019年10月1日から2020年2月29日までと限られます。今のうちから各自治体のホームページをしっかりとチェックしてくださいね。

内閣府 プレミアム付き商品券ページはこちらから

②キャッシュレス決済で最大5%オフ

Hiroshi Watanabe / Getty Images

また、消費税増税に伴いキャッシュレス決済で支払いをした場合にポイント還元が行われるという制度も始まります。5%還元の対象となるのは主に「個人商店など中小の企業」でキャッシュレス決済をした場合。大手コンビニなどフランチャイズチェーンは2%還元となります。

Hero Images / Getty Images

期間は2019年10月1日から2020年6月末までです。詳しくは下記のリンクを参考にしてくださいね。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会 ホームページはこちら

増税前に買うもの&買わないもの

①旅行は今のうちに予約すると◎

imacoconut / Getty Images

年末年始などの旅行を考えている人は多いですよね。旅行などの飛行機・新幹線などの交通費やホテルなどの宿泊費も税率が上がるので、今のうちに予約&決済しておくと◎。

②「使うかもしれないもの」や「大きな買い物」は慎重に

metamorworks / Getty Images

前回の増税時と同じように、増税前だからといって、ついついものを大量に購入してしまう傾向がありますよね。もちろん、日頃使用するものについてはある程度の買いだめておくと賢いです。

Rawf8 / Getty Images

しかし、「使うかもしれないもの」や「大きな買い物」については焦って購入しても結果的によくなかったというケースもあります。また、キャッシュレス決済で還元がある場合もあるので、買う場合は慎重に考えましょう。

③コスメなどは「使用期限」に気をつけて

Carol Yepes / Getty Images

消費財が上がるのに合わせてついつい買いだめてしまうものの落とし穴は「コスメ」など使用期限のあるものです。使用期限があるのに、大量に購入してしまうと結果的に使う前に使用期限が過ぎてしまうことも考えられます。自分の使用頻度にあわせて買っておくようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ