無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊娠がわかったら♡プレママに必要な手続きチェックリスト

ライフスタイル

妊娠中はやることがたくさん!

妊娠がわかったプレママさん、おめでとうございます♡出産に向けて不安もいっぱいでしょうが、その後の生活にも目を向けて!妊娠・出産で必要な手続きって実はたくさんあるんです。

何からやったら良いのかわからない…と迷えるプレママさんへ。妊娠中にやるべき手続きをリストアップしておきました!今すぐチェックしておきましょう。

妊娠がわかったらするべき手続き

まずは「母子手帳」をGET!

妊娠がわかったら、まずは母子手帳を交付してもらいましょう。「妊娠届出書」を自治体の役所や保健所に提出すると交付してもらえます。この妊娠届出書は産婦人科や役所・保健所でもらえます。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

母子手帳は妊娠中から6歳まで、ママと子どもの健康状態をチェックする大事な書類です。しっかり保管して、成長を記していきましょう。

働くママの「育児休業」の取り方

働くママは出産のために休みをとる制度も知っておいて!出産予定日の6週間以内に申請すれば「産前休暇」を取れます。「産後休暇」は本人が請求していなくても出産後8週間は休暇することが義務づけられています。

さらに最大で子どもが3歳になるまで「育児休業」を取ることができます。休業したい日の1ヶ月前までに会社に申請しましょう。まわりにも妊娠を伝え、サポートしてもらうことが大切です。

退職するときは「健康保険」を見直し!

妊娠を機に仕事を辞めるという方も多いでしょう。そこで見直しておいてほしいのが「健康保険」。仕事をやめても収入が130万円未満の場合は旦那さんの扶養家族に入れます。

130万円以上の場合は国民健康保険に加入するか、健康保険を任意継続させましょう。国保の手続きはそれぞれに自治体で異なるので役所へ問い合わせて。

任意継続の場合は、退職した会社の健康保険に2年間継続して加入できる制度で、その代わり今までの約2倍の保険料を払わなければなりません。こちらは退職後20日以内に健康保険組合に申請しましょう。

記事に関するお問い合わせ