無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イタい女とは無縁です♡なんだか素敵…と思われるオトナ女子の特徴5つ

2019年9月
ライフスタイル

素敵なオトナ女子になるためには?

Photo by Gian Cescon / Unsplash

年齢を重ねるとともにファッションだけではなく、中身も素敵なオトナ女子になりたいですよね。話している相手に「子供っぽいな」「イタい女性だな」と思われるのは避けたいところ。そこで、周りに「素敵だな」と思われるオトナ女子の特徴をご紹介します。

①さりげない気遣いができる

場の雰囲気を読む力がある

seb_ra / Getty Images

「素敵だな」と思われるオトナ女子は、その場にいる人の言葉・態度・表情から空気を読むことが上手。周りを観察して、話題を変えたり相槌を打ったり、自分がどう立ち振る舞えばいいのかを考えています。

対人関係にフレキシブルでいる

Hero Images / Getty Images

こだわりを持つことや自分の意見を持つことも大切ですが、対人関係にはフレキシブルでいられるのがオトナ女子。フレキシブル=柔軟性を持つためには、どんな状況も受け入れるための心の余裕や周りの要望への対応力を養っておきたいですね。

②心の揺れを表に出さない

人前では負の感情をニュートラルできる

Jun / Getty Images

素敵なオトナ女子だってイライラしたり、心がざわつくこともあります。でも、周りの人に対して負の感情を表さないように努めます。イライラざわざわした時は、そっと深呼吸してみましょう。深呼吸をして、感情を一度ニュートラルな状態にリセットします。

あえて笑顔になってみる

Photo by Brandi Redd / Unsplash

仕事がしたくない、やる気が出ない、そんな時はあえて笑顔になってみましょう。人と会話をしたり、笑える動画を見るのもいいですし、ちょっと口角を上げるだけでも気持ちが変わります。素敵なオトナ女子は、そうやって自分の心を自分でコントロールしているのです。

③時には頑張り過ぎないことも◎

高すぎる目標はマイナスになることも

HAKINMHAN / Getty Images

目標を高く掲げれば掲げる程、頑張れるというわけではありません。中には高い目標を達成するために自分を追い込んでどんどん余裕がなくなってしまう人もいます。余裕を持って臨むための自分なりの目標を持つことも大切です。

自分のキャパシティーを正確に理解する

www.pexels.com

「自分のキャパシティ=受け入れ可能な能力」を正確に把握しましょう。やらなければいけないことをたくさん抱え込んでパンクする前に、早めにSOSを伝えること。「できない」と言ってもいいのです。自分のキャパシティを把握して、ちょっと余裕を持つことが、素敵女子への第一歩かも。

④自分メンテナンスを怠らない

体の不調には早めの対応を

Adam Kuylenstierna / EyeEm / Getty Images

体の不調を「なんとかなる」と無理をすることは、決していいことではありません。体と心は密接に繋がっているため、体の不調を無視すると心まで辛くなります。早めに受診したり、薬やサプリメントを使ってメンテナンスしておくことが大切です。

弱い・できない自分も認めて

MangoStar_Studio / Getty Images

自分メンテナンスは、もちろん心にも必要です。人間誰しも、弱い部分や出来ないことがあって当たり前です。強がらず、弱い自分を認めてあげましょう。弱いからこそ、同じ境遇や気持ちの人に寄り添うこともできます。否定するのではなく、そんな自分を受け入れるのもオトナ女子の魅力ですよ。

⑤言葉や行動も上品に

お店での言葉の選び方

Thomas Barwick / Getty Images

オトナ女子はお店で食事をする際、大声で「すみませーん」などと叫びません。アイコンタクトと「注文お願いします」という丁寧な言葉で声をかけるようにしましょう。食事中に、つい夢中になって周りに迷惑になるほどはしゃぐのも要注意です。

笑い方や姿勢は日頃から意識して

bernardbodo / Getty Images

楽しいからと手を叩きながら大声で笑ったり、ひじをついて話している人は素敵には見えませんよね。また、座っている時の自分を客観視したことがありますか?脚が開いてだらしない姿になっていませんか。座る時は膝と膝をくっつけることを日頃から意識しましょう。

心に留めてオトナ女子へ仲間入り♡

Photo by Sonnie Hiles / Unsplash

女性から見ても、「なんだか素敵な人だな」と思う女性っていますよね。素敵な女性は、ご紹介した特徴をおさえているのではないでしょうか?ぜひ少し心に留めて、あなたも素敵なオトナ女子の仲間入りをしてみませんか♡

記事に関するお問い合わせ