無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚線の見方知ってる?3分で出来る適齢期診断

独身女子は必見!気になる結婚適齢期が3分でわかっちゃう、手相の見方はご存知でしょうか?結婚線があるだけではなく、上向き・下向きなどで、幸せ度まで分かっちゃうんですよ。手相の見方をご紹介します。

恋愛・結婚

結婚線の見方知ってる?

手相のなかで金運や運命線なども気になりますが、女性としては一番アンテナを張りたいのが結婚線。線があるだけではなく、線の向き・長さによって幸せ度まで分かるのです♡

正しい見方で、あなたの結婚適齢を覗き見!3分で出来る手相診断をご紹介します。是非、手のひらを見ながら読んでみてください。

3分で出来る適齢期診断

どこ・どっちの手を見ればいいの?

photo by kansugi

結婚線は小指の付け根下にある線のこと。両手のどちらを見ればいいのかと言うと、ずばり両方です。左手=先天運、右手=後天運といい、先天運は持って生まれたもの、後天運は変化した今の手相となります。

結婚線と恋愛線は違う!

ここで気をつけたいのが結婚線と恋愛線の違い。小指の中心にラインを引いたとして、それよりも手のひら方向に越えるものが結婚線。越えないものは全て恋愛線となります。

線がある?ない?本数の意味

結婚線がまったく無い人もいれば複数ある人もいます。まったく無い人は結婚や恋愛に消極的な人、複数ある人は結婚するチャンスが複数回あるという意味です。どちらとしても、手相は変化するので安心してください。

線の位置で読み解く「時期」

さぁ基本の見方がわかったら、気になる時期を見ていきましょう。小指の付け根から下にいくと手のひらに向かって大きな線「感情線」があります。ここと小指の付け根を二等分した所が27~28歳の目安。

感情線側(下)にいくほど=若い年齢
指の付け根側(上)にいくほど=若くない年齢

記事に関するお問い合わせ