無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕方ないな…彼を不快にさせない「上手なLINEでの断り方」

恋愛・結婚

正直この人とLINEするのはお断りしたい……
彼にはあまり興味ないし、デートのお誘いはちょっと……

正直この人とLINEするのはお断りしたい……
彼にはあまり興味ないし、デートのお誘いはちょっと……

なんて困ることは誰にでもありますが、相手を不快にさせずにお断りメッセージを送るのはなかなか難しいですよね。
そこで今回は、彼を不快にさせない上手なLINEでの断り方をご紹介していきます!

(1)返信は遅めにしつつ……

『返信がいつも遅いと、脈ナシかもと思って諦めますね』(27歳/営業)

やり取りを拒否したい相手がいたとしても、急にブロックしたり既読無視したりするのはNG。
人として失礼な対応になってしまうのは避けましょう。

なるべく返信は遅めにしつつ、「やり取りに積極的でない」様子をアピールしていくことが大切です。
そこで盛り上がらない空気を出し、なんとなく彼に察してもらうことをまずは考えてみましょう。

(2)誘われたら予定があることを伝えよう

『ムリなときはきちんとムリって断ってもらった方がありがたい』(29歳/販売)

デートや食事に誘われて、断りたいときは、予定があるということを最初から伝えて丁重に断りましょう。

間違っても社交辞令的にOKをして、当日にドタキャン……なんてことにはならないように気をつけてくださいね。
仕事やプライベートの予定を伝え、何度誘われてもその姿勢を崩さないようにすることです。

(3)グループで行くことを提案する

『二人きりで出かけたくなさそうだと、脈ナシなんだなって思いますね』(28歳/サービス)

しつこく誘われるようなら、グループで出かけることを提案してみるのも一つの手です。
あくまで二人きりで出かけるつもりはないという姿勢をアピールできれば、彼もなんとなく気づくでしょう。

(4)時にははっきり伝えることも大事

『気がないのに優しくされるより、はっきり断ってくれる方がいいですね』(27歳/商社)

優しく対応していると、なかなかお断りする空気を作れないことも多いですよね。
時には、はっきり伝えることも大事です。

「好きな人がいるので、一緒に食事には行けないです」と伝えたり、「忙しいので、しばらくムリです」と伝えたり……
少しでも「1回くらい行ってもいいかな」という姿勢を見せてしまうと、なかなかその後も断れなくなってしまうため要注意です。

正直好きではない人とLINEを続けているのは、なかなかしんどいですよね。
デートのお誘いがしつこい時なども同じでしょう。

そんなときはきっぱり断る姿勢を忘れず、でも失礼にはなりすぎないように、うまく断るスキルをぜひ身につけていきましょう。

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ