無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お皿は洗わないまま寝ても大丈夫だった!わたし流の家事断捨離12選

毎日の家事を頑張りすぎて疲れているあなたへ……。すべて完璧にやろうとしなくても大丈夫ですよ。家事の断捨離に成功したワーママに、ゆるく、ストレスなく家事を続けるためのコツを聞いてみました。

ライフスタイル

毎日の家事を頑張りすぎて疲れているあなたへ……。すべて完璧にやろうとしなくても大丈夫ですよ。家事の断捨離に成功したワーママに、ゆるく、ストレスなく家事を続けるためのコツを聞いてみました。

<教えてくれた人>
yuuko_home さん(サンキュ!読者/兵庫県 34歳)
夫(33 歳)、長男(3歳)の3人家族。職場まで電車で1時間。毎朝7時には家を出る。今いちばん欲しいのは1人静かに過ごす時間。「ハマっている岡村ちゃん(岡村靖幸)のDVDを集中して見たい!」

「夫と2人のときは家事の大変さをあまり感じなかったけれど、育休後に復職したら、家は荒れ放題。心も体もボロボロでした」と言うyuuko_homeさん。

仕事も育児も家事も半人前。ちゃんとできないもどかしさ……。そこで、なんでもかんでもやろうとせず、『自分ができるものだけ』と割り切ったら中途半端な気持ちが消え、自分の心が保てるように。「今は罪悪感を持たない程度にゆるっとやっていて、かなりラクになりました」

1.休みたいのに、休めないストレスを断捨離

保育園帰りの子どもと帰宅し、急いで夕食を作り、子どもに食べさせ、自分も食べたらもう限界。「はぁー」となって立ち上がれないとか。「だから、夜は流しに皿を持って行くだけ。皿洗いは翌朝他の家事と一緒にやる、と割り切ることにしました」。また、物の片づけも朝やることに。「家族が寝ている朝のほうが、家事を分断されず、はかどります」

2.バランスのよい朝食、という呪縛を断捨離

以前は〝ご飯、みそ汁、目玉焼き〞的な和風朝食を作っていたけれど、時間に余裕のない朝はそれが苦痛だったそう。「子どもは保育園でバランスのよい昼食が出るし、私と夫は自力で調達できる。わが家の朝食の目的はエネルギー補給です!」

3.いちいち献立を考えるイライラを断捨離

喜んで完食してもらうのがいちばんだから、みそ汁の具は、息子が好きなさつまいもと夫が好きな貝を交互に。「おかずは、冷蔵庫内の野菜+解凍した豚肉や鶏肉の炒めものが定番。これなら栄養バランスもいいし、平日の夕食はこれでよしとしました」

4.できた嫁、としてかっこつけたい自分を断捨離

●観葉植物を育てるのをやめた
「部屋に緑があったら素敵」と思って、以前、観葉植物を置きましたが、子育てすらままならないのに、植物も育てるなんて無理。結局、枯らしてしまい……以来、来客時だけ切り花を買うことにしました。

●夫を待たせて焦るのをやめた
基本、帰宅が遅い夫ですが、たまに早く帰宅することが。夕食の支度中に夫に「ごはんまだ?」と言われると焦るので、そういう日は外食や、おべんとう購入もアリと、自分で自分を許してます。

5.掃除機がけに伴う+αの手間を断捨離

掃除機がけは、朝の片づけのあとにサクッとすませたい。でもゴミ箱が床置きしてあったり、各種コードが床をはったりしていると、いちいちどかすのが面倒。「何が何でも床に接地させない覚悟で(笑)、小物は浮かせる収納にしています」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ