無料の会員登録をすると
お気に入りができます

味噌に漬けるだけで肉も魚も野菜も何でもおいしくなる!味噌漬け生活のススメ

レシピ

味噌漬けが気になる!

私が「味噌漬け」に注目したきっかけは、電気ビリビリさん(@denkibiribri)がInstagramに投稿されていた「きゅうりの味噌漬け」でした。

かじると外側は柔らかで内側には水分があり、味噌の風味がしっかり。そのあまりのおいしさに、電気ビリビリさんのお子さんもポリポリと食べる手が止まらなくなったそう。

しかも、電気ビリビリさんの味噌床の材料は、味噌だけと超シンプル! そんな電気ビリビリさんに、味噌漬けについて気になったことを聞いてみました。

――そもそも味噌漬けをはじめたきっかけは?

漫画の『美味しんぼ』にハマっていたころ、その中に出てきた卵黄の味噌漬けを自宅で再現したくて。いろいろな味噌を買ってきてタッパーウェアに入れて漬け始めたのが、今まで続いています。

――味噌床は普段、どこで保存していますか?

冷蔵庫です。

――きゅうりは何日ぐらい漬けるのがおすすめ?

今回、Instagramにアップしたものは、一晩漬けています。一晩ぐらいだと皮がしなっとなって、中の水分が程よく抜けてポリポリとした食感になります。漬ける時間はお好みで調整していただければ!

――食材ごとに味噌床は分けている?

肉、魚、野菜、何でも同じ味噌床に漬けています。一度何かを漬けたら、漬けたものから出た水分を取り除いて新しい味噌を足す。それからしばらく味噌床を寝かせてまた漬ける。その繰り返しです。

味噌の銘柄などのこだわりはないですが、添加物の入っていない味噌を使うようにしています。味噌床は使えば使うほど、おいしくなりますよ!

いかがでしょう? みなさんも味噌漬けに挑戦したくなってきたのではないでしょうか!

味噌漬けは特別な道具も材料もいらないので、手軽に始められそうですよね。味噌床は、味噌を酒とみりんでのばしたり、味噌に醤油を加えたりしてもいいそう。

好みの味噌床ができたら、ぜひいろいろな食材を漬けてみましょう!

何を漬けましょう?味噌漬けあれこれ

味噌汁に何を入れてもおいしいように、味噌はどんな食材とも合う万能選手。味噌漬けも何を漬けてもOKです。なかでもぜひ挑戦したいアレンジをご紹介します!

鶏もも肉の味噌漬け

旨みとコクのある鶏もも肉を使った味噌漬けは、大人も子どもも夢中になるおいしさ!

@yukapachii さんの「鶏もも肉の味噌漬け」は、鶏もも肉に味噌とみりん、お酒を直接揉み込んでいるそう。味噌床を使わず、手軽にできるのも魅力です。

飛騨高山で購入した「大のや醸造」さんのお味噌とみりんとお酒を鶏もも肉に揉み込んで半日置いて、お味噌を流してバターで焼いただけ😋
お味噌が鶏肉の旨味をひきたてて、簡単なのにとても美味しい😍
www.instagram.com

焦がしバターでコクをプラスしているところもたまりませんね!

また、「大のや醸造」さんの味噌は、赤味噌と糀味噌の2種類あり、赤味噌は3年攪拌させながらじっくりと熟成。糀味噌は重石を載せて1年間熟成させていて、どちらも独自の味わいが。

同じ食材でも味噌を変えることで、違ったおいしさが楽しめそうですね。

高級天然の味噌と醤油 『大のや醸造』|オンラインショップ https://www.mtcweb.jp/ohnoya/WebOrder/shop/index.html

豚ロースの味噌漬け

味噌はもちろん、豚肉とも好相性!

@ryo3370 さんは、味噌床にニンニクをプラスして風味豊かに。その中に柔らかくて旨みたっぷりの豚ロースを漬け込み、こんがりと焼き上げています。

お肉はとてもジューシーな仕上がりで、お皿に添えられたワサビがよく合いそう。

豚肉とニンニクの組み合わせは疲労回復に良いとされているので、食べたら元気モリモリになること間違いなしですね!

サワラの味噌漬け

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ