無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひとり暮らしさんを応援♡無駄のない節約テクニック11選

2019年9月
ライフスタイル

貯金ができない→ライフスタイルの見直し時

将来設計に向けて貯金をしたいのに、中々うまくいかないという女性は意外と多いようです。それぞれ収入状況やライフスタイルは違いますが、その人にあった節約術は必ずあります。

www.pexels.com

もし少しでも貯金ができていないなら、どこかに見直すべき点があるということ。意識せずにお金を無駄に使ってしまっている盲点に気づかないこともよくあることです。

問題点がわかれば修正もしやすい

まずは、自分が何に一番お金を使っているか、無駄な使い方をしているかじっくり振り返ってみましょう。そこに節約につながるヒントが隠れています。

www.pexels.com

今回はひとり暮らしの女性をターゲットに、よくある支出の悩みと参考になる節約術をご紹介します。思い当たる項目があれば、チェックしてくださいね。

1.食材を無駄にすることが多い

長持ちする食材をセレクト

日々の支出の中でも大きな割合を占める食費は、毎日欠かせないものであるからこそ最優先で見直すべき項目の1つです。

Guido Cozzi/Atlantide Phototravel / Getty Images

生野菜やフルーツは傷みも早いので、大根やジャガイモなど根菜の割合を増やしてみるといいですね。その他にも、ひじきや切干大根などの乾物、缶詰など賞味期限の長いものを常備しておくのもおすすめです。

2.スーパーでついお金を使ってしまう

半額デーや割引シールなどチェック

1つ1つは高額でなくても、気がつけばレジで想像以上の金額になって驚いた経験のある方は多いのではないでしょうか。

Artem Tryhub / Getty Images

スーパーでは半額デーや割引シールが貼られる時間帯を狙っていくと、かなりお得なお買い物ができます。その他、オリジナルブランドを選んだり、あらかじめメモしてお買い物をするのも効果的です。

3.ランチ代がバカにならない

お弁当に切り替える

思いのほかバカにならないのがランチ代です。例えば1日500円で週5日で計算してみても、週に2,500円の出費になり月になおせば10,000円前後の出費になります。

yumehana / Getty Images

前日の夕食の残り物を使ったり冷凍食品も取り入れれば、お弁当も簡単に用意できます。栄養面も考えられるのでダイエットにもつながり、良いことづくめですよ♡安い社員食堂のランチもおすすめです。

4.効果的な節電方法がわからない

エアコン・照明・冷蔵庫・テレビの使い方を見直す

節約というとすぐ思い浮かべる内の1つが、電気代ではないでしょうか。ただ、電気代といっても何から手をつけたらいいかわからないという方が多いようです。

izzetugutmen / Getty Images

家での消費電力量は、エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビが大半を占めています。エアコンは使用頻度を減らす、電球はLED電球に切り替える、テレビは見ない時は消すなどの日々の意識の積み重ねで大きな節約に繋がります。

5.料理の時短&節約方法を知りたい

レンチンや冷凍を駆使する

一人暮らしの食事なら量も限られているので、できるだけ時短でコスパよく料理したいですよね!そこで活用したいのが電子レンジと冷凍です。

adrian825 / Getty Images

例えば炊飯器は意外と電力を使うので、電子レンジ専用の少量炊飯容器なら10分程度で炊飯できて節約につながります。ハンバーグ種やミートソースなど多めに作って冷凍保存しておけば、時短料理にも繋がり、火を使わずガス代も少なくなって一石二鳥ですね。

6.少量なのに洗濯にお金も時間もかかる

短時間コースを選択

1人分となると洗濯物の量も限られているので、洗濯時間を減らしたり回数を減らすことでコストダウンを狙うことができます。

hedgehog94 / Getty Images

大きな汚れがないのなら、短時間コースを選ぶのもあり!最近は、すすぎ1回でOKの衣料用洗剤が出ているので活用してみてくださいね。毎日洗濯しなくても、週に2~3回に回数を減らしてみるのもおすすめです。

7.水道代が意外とかかってしまう

お風呂の使い方をチェック!

水道代が思ったよりかかってしまうという方は、洗濯以外にもお風呂の使い方を見直してみてください。

ViktorCap / Getty Images

例えば、体や髪を洗う際にシャワーを流しっぱなしにしておくと、想像以上の水が無駄に流れていくのでこまめにとめる習慣を。設定温度も1~2度下げるだけで省エネになります。

8.洋服やコスメの出費が多い

ネット割引やオークションを利用

美容や洋服は、お金をかける人とかけない人にわかれる項目です。どちらも定価で買うことをやめるよう意識することで徐々にコストを減らすことができます。

Photo by Element5 Digital / Unsplash

リアルに手に取って確認して買いたい時は、アウトレットモールがおすすめ!コスメなど、リピート買いしたい時はネットで未使用品を買ったり、割引率の高いネットショップで購入してみましょう。

9.交通費を浮かしたい!

金券ショップで大幅にコストダウン

休日にちょっぴり遠出したい時など、電車も往復になると結構旅費がかさむものです。

ShotShare / Getty Images

よく行く場所が決まっているのなら、有効期限が長めの回数券を買えばお得にチケットをゲットできます。また、金券センターでは終日安くなっているものも多いので、使わない手はありません。

10.外食費がかさむ

割引クーポンを活用

一度に数千円が消費されてしまう外食には、割引クーポンを活用しましょう!

rez-art / Getty Images

割引クーポンやポイントアップに繋がる「ぐるなび」や、美容から旅行、グルメまで幅広いクーポンを扱う「グルーポン」などのサイトはチェックする価値あり♡あらかじめ行くお店を決めておく習慣を身につけたいですね。

11.ショッピングですぐ買ってしまう

できるだけカードを持ち歩かない

キャッシュレスが普及してきているので、お金自体を持たずカードやスマホで決済する方も増えてきているようです。

andreikorzhyts / Getty Images

便利ですが、実際にどれだけ使っているか実感できないというデメリットも。持って行くクレジットカードは必要最小限の枚数におさえ、できるだけ現金で支払うようにすることで無駄遣いは少なくなりますよ。

貯金が楽しくなる節約術を身につけよう♡

AaronAmat / Getty Images

節約するのはいいことですが、そればかり気になると逆にストレスに。好きなことにはお金と時間を使う余裕も必要です。最初はハードルを低めにして、自分のライフスタイルにあった節約術からはじめてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ