無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋こそ暮らしに「ゆとり」を。時間上手さんに学ぶ習慣整理法

仕事や家事が忙しいと、だんだんと日々の生活が犠牲になり部屋が散らかったり心に余裕がなくなりますよね...。過ごしやすい秋の今こそ、整理整頓で心をリセットする時期です!全員に平等に与えられている24時間を上手に管理している時間上手さんの習慣整理法をご紹介します。

ライフスタイル

日々の生活にゆとりがほしい!

毎日仕事でクタクタ、家に帰ったらバタンキューで朝は遅刻ギリギリで起きてあわてて支度をする・・・そんな日々の繰り返しだと時間にも心にも余裕が持てませんよね。

気が付いたら部屋の中も会社のデスク回りもバックの中もぐちゃぐちゃで、気分まで滅入ってしまいます。仕事もプライベートも充実している素敵女子たちは時間の管理が上手なはずです。そんな時間上手さんの習慣整理法をご紹介します。

1日の時間を自分で管理しよう

時間上手さんは1日の時間を自分で管理しています。

時間を5分割、自分に必要な時間を把握する

自分の日々の生活パターンを考え、1日の時間を5分割します。睡眠・生きるための時間(食事、トイレ、お風呂)・仕事・体調維持・自分の時間の5つに分類し、自分に必要な時間配分を決めましょう。

平日、休日とそれぞれ5分割しておくと自分のあった生活パターンが見えてきます。日々の暮らしを振り返り、無駄な時間が浮き彫りになります。

生活をパターン化する

生活をパターン化すると、無駄な時間がなくなります。毎日同じ時間に行うことで体調管理もできます。生活リズムが一定になってくると、1つ1つの行動が自然とブラッシュアップされていきます。

パターン化することによるメリットは、「次にどうしようか」と考える隙が生まれないことも大きいです。悩むことも無駄な時間です。パターン化させることによって無駄な時間を減らすことができます。

朝と夜の1時間を大切にする

1日を5分割して考えてみるとわかるように、自分自身に使える自由な時間がとても少ないことに気が付きます。この自由な時間をいかに充実されられるかが時間上手な人とそうでない人の大きな差になっています。

記事に関するお問い合わせ