無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都]カフェで増えている「苔」スイーツ5選!京都らしさをおいしく楽しめる。

旅行・おでかけ

1.〈AWOMB 祇園八坂〉の苔山

手和え寿しの専門店。

食後のデザートとしてオーダーできる苔山 731円は、高台寺の苔庭から着想を得た。マスカルポーネチーズのクリームに生麩などが加わった独特の食感。

〈AWOMB 祇園八坂〉
石塀小路にあるお店。
■京都府京都市東山区下河原町463-8
■050-3134-3564
■11:30~15:00(14:00LO)、18:00~20:30(19:30LO) 不定休

2.〈ASSEMBLAGES KAKIMOTO〉のテ・ベール

チョコレート専門店の看板商品であるテ・ベール 1,800円は、日本庭園をイメージ。抹茶のクリームの苔に、ガナッシュの竹が立ち、食べるのがもったいないほど繊細な美しさ。

〈ASSEMBLAGES KAKIMOTO〉
■京都府京都市中京区寺町西入ル松本町587-5
■075-202-1351
■12:00~17:00(ショップは~19:00) 火、第2・4水休、ほか不定休

3.〈京茶珈琲café 高台寺店〉のとろけるこもち

本物の苔玉と見紛うほど再現度の高い、とろけるこもち 550円。ほうじ茶クリーム、粒あん、わらび餅、クリームチーズが層になっており、和洋折衷な味にも新しさを感じる。

〈京茶珈琲café 高台寺店〉
人気は宇治茶とコーヒーを掛け合わせた「京茶珈琲」。
■京都府京都市東山区下弁天町49 高台寺ビル1F
■075-533-7500
■9:00~19:00 無休

4.〈京菓子司 金谷正廣〉の真盛豆

大名・細川幽斎が「苔のむす豆」と表現した真盛豆。黒豆、きな粉、青のりが層になって、素朴なおいしさ。利休ゆかりの井戸をかたどった木箱入り2,200円~、袋入り900円~。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ