無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロに聞いた!ダイソーで買うべきキッチン周りのお掃除グッズ&使い方

「プロの掃除業者が使う道具」と聞くと、専門店でしか買えないスゴイものを想像しますが、実は100円ショップでも買えるアイテムを使っていることもあるそうです。ライターの増田剛己さんに、使い方と合わせて取材してもらいました。

ライフスタイル

「プロの掃除業者が使う道具」と聞くと、専門店でしか買えないスゴイものを想像しますが、じつは100円ショップでも買えるアイテムを使っていることもあるそうです。ライターの増田剛己さんに、使い方とあわせて取材してもらいました。

プロは1ヵ所の掃除にいろいろな道具を使う!

ダイソーで買うべきお掃除グッズを、筆者の知り合いのハウスクリーニング会社の社長さんに聞いてみました。

教えてもらったのは、キッチンまわりで使うのにベストなグッズについて。話をしてみたところ、社長さんいわく「プロは1ヵ所にいろいろな道具を使いますよ。そのほうが完璧に仕上がりますからね」とのこと。

というわけで、今回はキッチンのガスコンロまわりのお掃除に役立つダイソーのアイテムを、使う手順とあわせて紹介します。

【関連記事】プロの掃除業者に教えてもらったダイソーで買うべきお掃除グッズ!

五徳の油汚れは「アルカリ電解水」×袋詰めで落とす!

レンジまわりなどキッチン系の場所には、洗剤ではなく「アルカリ電解水」を使うといいそうです。

五徳をはずして、「アルカリ電解水」をまんべんなく吹きつけます。そして、レジ袋や使い終えたフリーザーパックなどに、五徳を入れます。こうして、しばらく置いておきましょう。

「アルカリ電解水」×「ツインブラシ」で天板をキレイに!

ガスコンロの天板掃除でも、「アルカリ電解水」が活躍。まず、天板全体にまんべんなくかけます。ここで次のアイテム「ツインブラシ」が登場。ごしごしと汚れをこすって、キレイにしましょう。

ちなみにこの「ツインブラシ」はハウスクリーニング業者がよく使うグッズ、いうなればプロの定番。買いだめしておくこともあるそうですよ。

ガンコな汚れは「コゲとりスポンジ」で取っていきましょう

「コゲとりスポンジ」という商品名から、フライパンや鍋の焦げつきに使う少し強力なスポンジ…と思いがちですが、じつはハウスクリーニング業者のかたには必須のアイテムなんだとか。「ツインブラシ」同様に買いだめするほどだそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ