無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たぷたぷ二の腕を引き締め!100均アイテムを使ったおすすめエクササイズ

美容

トライセプスキックバックで使用するアイテム

今回は100円ショップで買えるダンベルを使用します。

「トライセプスキックバック」で鍛えられる筋肉のはたらき

「主に鍛える場所は、二の腕と呼ばれる上腕の裏側にある部分の上腕三頭筋です」(八木さん)
上腕三頭筋はひじを伸ばすときに使われる筋肉ですが、日常生活を振り返ってみると、腕を伸ばしきるという動作は、しているようでなかなか行っていないものです。運動不足や加齢に伴う筋力の低下、脂肪の蓄積によって二の腕のたるみが出てしまいます。
今回紹介していただいたトライセプスキックバックは、二の腕の引き締めトレーニングの中で最も有名なトレーニングのひとつです。
ぜひ覚えて日々のワークアウトにプラスしていきましょう。

二の腕スッキリ「トライセプスキックバック」

それでは八木さんに、ダンベルを使用したトライセプスキックバックのトレーニングを紹介していただきましょう。

「トライセプスキックバックでは小さな筋肉を鍛えていきます。小さな筋肉を鍛える場合には負荷が弱くても大丈夫。大きく動かして腕を引き締めましょう」(八木さん)

<1>
足と手を肩幅程度に開いて床につきます。
股関節の真下にひざ、肩関節の真下に手首が来るようにしましょう。
ダンベルを持っているほうの上腕を床と平行になるところまで持ち上げ、ひじを曲げた状態で準備をします。

<2>
後方に向かって腕を伸ばしていきましょう。
中途半端なところで止めず、しっかり伸ばすことが大切です。
元の位置に戻したらその動作を15~20回くり返しましょう。
終わったら反対側も行います。

<これはNG!>

わきが開いてしまわないように気をつけましょう。
ひじから下を動かすことがポイントです。

撮影/山上忠 ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/新山夏葵 イラスト/丸口洋平

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ