無料の会員登録をすると
お気に入りができます

良い男に磨き上げろ!あげまん的5つのダメ出し方法

誰もが男前だと叫びたくなるような色男は、ひとりで勝手に成長したのではありません。水もしたたる良い男を教育させていったのは、その影に「あげまん」と呼ばれる女の影があったからです。

恋愛・結婚

「あげまん」は何が違う?

うっとりするような艶っぽい男が欲しい!

誰もが羨むようなセクシーな男の影には、彼を徹底的にナイスガイに育て上げた女の存在があります。普通の女性と「あげまん」は何が異なるのでしょうか?そこには彼を立派に伸ばしていくダメ出しのメソッドがあるのです。

肯定的な言葉しか使わない

男に大きな変化を与えるのは、彼女からの言葉遣いです。どんな時に人は「もっと向上したい」と感じるのでしょうか。彼女があまりに前向きな言葉しか使わないと、彼も彼女に感化されて同じように肯定的な言葉を使うようになってきます。

例えば「それダメじゃない?」は「こうしたらもっと良くないと思わない?」と伝え、「なんでそんなことするのよ!」は「どうしてこうしようって思うようになったの?」と聞くと、同じ意味でも全く感じ方が異なります。更にそこに優しさまであふれていますよね。

ダメ出し前には必ず褒める!

彼にダメ出しや指摘、意見を伝えたいと思った時には、その前に必ず褒めるようにしてください。講義されるとどんな人でも「言われてしまった」と多少なりともショックを受けます。時間が経ってから彼女の言葉に嫌な気分になるのか、「俺のことを想って言ってくれた」かは大きな差があります。

「〇〇くんはスタイルいいから、もっとこんな服装したらいいと思ったんだけど」や「勉強熱心だから、更に躍進するためにここはもっと〜したらいいかなと思ったんだけど」のように伝えると、ダメ出しに聞こえません。大切なのは相手が聞く耳を持つようになることです。

具体的&理論的に何がダメか伝える

彼が理解したい気持ちを見せ始めたら、何が具体的にダメで、どうすべきなのかという改善の具体案を提示しましょう。ただ指摘するだけではダメ!彼をあなたにとっての正しい道に導くには根拠も必要。「なんとなくそう思ったから」だと聞き入れられにくくなります。

ファッションなどの場合は良いものと悪いものを見比べて、良いほうがいかにあなたを魅力的に見せるかという具体的な理由を伝えます。彼女の発言を聞きやすくなるし、次回に同じようなパターンでも改善した行動を取りやすくなります。

改善したらすぐ褒める

彼がいい方向に変化が見えた時にはすぐ褒めます。「やっぱりそっちが良かったね」や「こっちの方がすごくいいね」などと大げさなくらいに褒めます。褒められて嫌な気はしませんから、彼も嬉しくなります。

記事に関するお問い合わせ