無料の会員登録をすると
お気に入りができます

裕福な家庭生まれだからじゃない。「本当に育ちの良い人」5つの共通点

上品な雰囲気の人がみんな育ちがいいかというと、そういうわけでもありません。裕福な家庭生まれじゃないのに、奥ゆかしい人の共通点をご紹介しましょう。

2016年3月
ライフスタイル

裕福だから?いいえ、そうじゃないのです

育ちのいい人の共通点が知りたい

いつ見ても品があって、うっとりするほど、たおやかな方はおうちも裕福で…と夢みたいな高嶺の花もいますが、生まれながらの条件が整っているかというと、不思議とそうでもありません。

家がリッチなわけじゃないのに、育ちがいい女性に見られる条件をご紹介しましょう。

①想像力を掻き立てる言葉遣い

何かを想像させるような知的な言葉遣いだと、「育ちがいいのかな」と思われます。他愛のない話でも決してストレートに批判をしたりしません。すごく簡単な例だと、「デブ」じゃなくて「ふくよか」だとか、「エッチ」じゃなくて「情事」や「営み」と表現します。

下品なワードは使わない

ストレートに言葉に表現しなくても、大人は何を指しているのかわかります。オブラートに包むと、奥ゆかしいのにイメージ映像が伝わりやすくなります。下品で直接的なワードばかり使うと、聞いている方が恥ずかしくなるかも。

女子会はともすれば悪口合戦になりがちです。参加しないのも難しいし、口をつぐむといっても限界がありますよね。なるべく口を挟まないようにしながらも、どうしても発言するなら火に油を注ぐよりも「そういう人だよね」や「まぁそういうところも無くは無いよね」と曖昧なことだけを言うようにしましょう。

②どうみられているか言動を意識してる

少しの意識でぐっと変わる

育ちのいい人は、他人にどう見られているのかを意識しています。もし全ての会話が録音されていたら?なんてありえないことだと思っていますか?見られ方を意識するというのは、ナルシストなのではなく、自分の言動に責任をもっているということ。

弾丸トークは美しくない

相手に伝わるように話すのも、意識するだけで変わってきます。何か思いを伝えたかったり、説明をしたい時に弾丸トークを繰り出すのは、自己満でしかありません。早口であまりに情報量が一気に来ると、大抵の場合は相手に伝わりません。ゆっくりはっきり話すようにするだけで、美しく見られます。

③どんな人にも優しい

本質的に優しいから出来ること

好意を持っている人に優しいのなんて当たり前です。それは好かれたい気持ちがあるから、優しくなります。重要なのは、関心を持っていない人やお店のスタッフ、道行く人などにも優しいかどうかです。

恋人には優しいのに、店員には舌打ちしたりする人は品がありませんよね。困っている人に誠実に接していたり、簡単なことだけど電車内で席を譲れるかも大事。その時だけしてもぎこちないのでダメです。普段から染み付いてさりげないかどうかは、直後の表情やドヤ顔に表れるのでご注意を。

④感情をむき出しにしない

怒りを爆発させない

これは喜怒哀楽などの感情が無いという意味なのではなく、感情をむき出しにしたり、爆発させないこと。具体的には大きな声で電話をかけまくったり、爆笑する時に手を叩いてゲラゲラしないということ。

怒ったり、悲しんだり、喜んだりするのはいいのですが、その感情を他人に見せびらかすかのようにしないことです。オーバーリアクションはやり過ぎると周囲に不快な印象を与えてしまいます。

⑤人に恥をかかせない

プライドは絶対傷つけない

人を傷つけるような発言は控えることです。いろんな価値観の人がいるので、あなたが何気なく言った一言に傷つく場合もあります。例えば多いのが「もう最近、年でさ…」と年上の女性に何気なく言う人に、カチンとくる事だってありますよね。

相手のことや状況を踏まえて発言するのは、瞬時にいろんなことを考えている証拠ともいえますが、簡単に言うと気配り上手だということでもあります。あなたの中に渦巻く感情を常に誰かに認めてもらおうと思わなくてもいいのです。

不思議な事に認めてもらいたい欲が強い人よりも、そうでないのに頑張っている人のほうが認められるものです。

ふとしたところが上品

さりげない品の良さは、毎日の積み重ねです。良く見せたい時にだけがんばってもすぐにボロが出てしまうほど、繊細なものです。毎日意識し続けて、何かの時にこぼれ落ちる育ちの良さを、他人がひそかに判断するものだと思いましょう。

記事に関するお問い合わせ