無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鶏肩肉は見つけたら即買い!鶏肩肉で作るごはんはヘルシーでおいしくて節約の味方

レシピ

鶏肩肉ってどんなお肉?

鶏肩肉は「鶏トロ肉」とも呼ばれていて、胸肉と手羽元の間にある部位のこと。焼き鳥店では「ふりそで」という名前でおなじみです。これがなんと、鶏一羽から30~60gほどしかとれない希少部位なんです。

味の特徴は、鶏もも肉よりも脂肪が少なくあっさりとしていて、胸肉よりもパサつきがなくてジューシー。そのバランスが絶妙で、「もも肉と胸肉のいいところどり」と言われています。その上、お値段がお手頃ときたらもう、買うっきゃないですよね!

ただ、希少部位だけに、どこのスーパーにも置いてあるというわけではありません。なので、見つけたら迷わずゲットすることをおすすめします!

いつもの鶏肉を肩肉に!簡単活用術

シンプルに塩焼きで

鶏肩肉の旨みが最も引き立つのは、シンプルな塩焼き! ただ塩をすり込んで焼くだけでも十分おいしいんです。しっかりとした肉質で歯ごたえがあるので、食べごたえも抜群ですよ。

小ねぎを小口切りにしてトッピングすると彩りも良くなって、さらに食欲がわいてきそうですね。

オリーブオイル焼きもおいしい

鶏肩肉のオリーブオイル焼きもおすすめ。オリーブオイルでじっくり焼くと、素材の味わいが引き立ちます。

こちらは、クレイジーソルトとオリーブオイルに漬け込んで焼いたもの。きれいな焼き色とプリッとやわらかそうなお肉がたまりません! 塩焼き同様、少ない材料で手軽に作れるのもいいですよね。

甘辛醤油だれの照り焼きチキンに

甘辛味の照り焼きチキンは、ごはんのおかずや、お酒のお供、お弁当にもぴったり! 鶏肩肉でふっくらおいしく作れます。

照り焼きの黄金比率は
砂糖:醤油:酒:みりん=1:1:1:1
全部、同量!
覚えやすい!
www.instagram.com

色艶の良い“てり”がなんともいえませんね! どうもいつも味が決まらないという方は、照り焼きの黄金比を覚えておくといいかもしれません。

唐揚げはジューシーだけどあっさり

鶏の唐揚げは、肩肉を使えばジューシーで歯ごたえがありながらも、少しあっさりとした仕上がりになります。

北海道在住の@nao_michanさんの唐揚げは、北海道名物の「ザンギ」。下味には、野菜のすりおろしとエバラの焼肉のタレ「黄金の味」を少し入れているのだとか。この下味だけでも良いけれど、ザンタレ(甘酢ダレ)をかけると甘酸っぱい味がマッチするそう。

ザンタレという名前を初めて聞いた方もいるかもしれませんが、北海道では市販のザンタレがあるほど定番。気になった方はお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

『北海道のたれ屋ソラチ』本店ショップサイト http://shop.sorachi.ne.jp/modules/shop/index.php?lid=177#c_top

旨みたっぷり、チキンカレー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ